画像: イタリアのガンベロロッソが認めた大阪のピッツェリア!

イタリアのガンベロロッソが認めた大阪のピッツェリア!

本日のピックアップフォトは、イタリアではミシュランより参考にされている格付誌「Gambero Rosso(ガンベロロッソ)」の日本版にも掲載されている、大阪の西大橋駅近くにあるピッツェリア「ダ・ティグレ」で食べた「ピッツァ・アッティリオ」です。オーナーがナポリで修業した名店「アッティリオ」の星形をした名物ピッツァに、師匠の店の名前を付けた自慢のピッツァは美味しいですよ♪。
券売機で食券を買ってカウンターで焼きたてを食べるという「安い!旨い!早い!」店で本物のナポリピッツァをどうぞ!
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
2014年6月10日に大阪の心斎橋からほど近い西大橋にOPENした「Pizzeria da Tigre (ピッツェリア・ダ・ティグレ)」は、多くのピッツァ職人達にも注目される新しいスタイルのピッツェリアです。
オーナーの鹿子嶋健太郎氏は、ナポリの名店「da Attilio」や、日本で活躍している有名ピッツァイォーロを輩出している「Marino」で修業をした後、日本、シンガポール、オーストラリアで、ピッツェリアの立ち上げに関わり、海外で長期間にわたって現地の若者にナポリピッツァの指導をしてきたという経験を持つ国際派のピッツァ職人です。
店頭に書かれているように、イタリアのレストランの格付誌「ガンベロロッソ」で、1スライス(ミシュランでは星の数で、ガンベロロッソではフォークやピザの数)を獲得してる、イタリア人が認める名店です。
自慢の薪窯は、ナポリの名工「ステファノフェッラーラ社」の窯にMIYAMURA WORKSの煙突です。
そして、一番のポイントが券売機で食券を買うスタイル!!
ナポリでピッツァは日本における牛丼のような食べ物だと考えたオーナーは券売機を導入して、手軽に食べてもらえるようにしました。
お手頃な価格で本場ナポリも顔負けの、旨いナポリピッツァを食べることが出来ますよ。
ドリンクやトッピングもお得な価格設定です。
僕が頼んだピッツァは「Pizza Attilio (アッティリオ):1600円」です。
最近ではポピュラーになってきた星形のピッツァですが、珍しいと思う人も多いでしょうから、作り方をご覧下さい。
切れ目を入れた生地を折り込みながら中にリコッタチーズを入れていきます。
中央部分はマルゲリータにサルシチャを乗せていますね。
パーラの上で形を整えてから薪窯に投入します。
この店はオーナーが注文を取り、ピッツァを焼いて、提供して、会計も皿洗いも全てやります。
完成したピッツァがトップの画像でも紹介したPizza Attilioです!
とにかく旨い!!!
旨い生地と自家製のサルシッチャの旨さが印象的で、そこにかどの部分に包んだリコッタチーズの相性が抜群のピッツァだったので、次回もこれを頼みたくなりそうな予感です(笑)。
オマケ:これがオーナー鹿子嶋健太郎氏のナポリでの修業先のひとつ「Attilio」です!
この日は真のナポリピッツァ協会30周年記念フェスタの夜で、僕も協会の幹部の皆さんと一緒に、満席のアッティリオにお邪魔して、ピッツァやワイン、サイドメニューを楽しみました。
満席のお客様の多くがこの星形のピッツァ「ステラ」を頼んでいたのが印象的なお店です。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
ピッツェリア ダ ティグレ (Pizzeria da Tigre)
電話:06-6535-8624
住所:大阪府大阪市西区新町1-18-13
交通手段
地下鉄長堀鶴見緑地線...西大橋駅2番出口から徒歩3分
地下鉄四つ橋線...四ツ橋駅2番出口から徒歩5分
地下鉄御堂筋線...心斎橋駅3番出口から徒歩10分
西大橋駅から211m
営業時間
[月~金]
11:30~15:00(L.O) 17:00~23:00(L.O)
[土日祝]
11:30~23:00(L.O)
日曜営業
定休日:火曜日
予算(口コミ集計)
¥1,000~¥1,999 ¥1,000~¥1,999
席数(カウンター席のみ)
個室:無
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
公式アカウント
https://www.facebook.com/pizzeriadatigre
オープン日:2014年6月10日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.