画像: 2年連続金賞受賞!サロン・デュ・ショコラ2018で大注目の「トーキョー チョコレート」

2年連続金賞受賞!サロン・デュ・ショコラ2018で大注目の「トーキョー チョコレート」

世界最大級のチョコレート展「サロン・デュ・ショコラ」。東京では2018年1月20日から新宿で開催が始まります。今回の注目のひとつは、パリで2年連続金賞を受賞した、メリーチョコレートのプレステージブランド「トーキョーチョコレート」。中でもフランス人関係者をもうならせた、和素材を活かしたショコラ「東京爛漫」と、会場でしか食べられない「トーキョーちょこみつ」は要チェックです! 「東京爛漫」は「NO1.柚子&山椒」「NO.2さくら」「 NO.3梅干し」「NO.4和のプラリネ」4種で構成され、咲き誇る花と和素材で日本らしい美とおいしさを表現したショコラ。パリで特に大きな評価を受けた「NO2.さくら」と「NO.4和のプラリネ」を試食させて頂きました。 「NO2.さくら」は一口食べると、桜のふくよかな甘さと茶葉の香りが広がります。「桜の味」と聞くと、何となく桜の塩漬けや桜餅をイメージしがちですが、全く違う爽やかな味わい。その秘密を伺うと「桜の花びらと碾茶(てんちゃ)」だそう。碾茶とは、抹茶がパウダー状になる前の茶葉で薫りの良さが特徴です。中のピューレは、桜の花びらを密に漬けてから作られ、ビターチョコと上品に調和しています。フランスでは「春から初夏にかけての四季の美しい移ろいのよう」と高評価だったそうです 「NO.4 和のプラリネ」は一粒に7種の素材が活かされた、日本の「七宝」をイメージしたショコラです。アーモンドを三河本みりんと和三盆でキャラメリゼしたり、ごまのプラリネ、木桶の伝統製法で作られた醤油のプラリネをボリビア産カカオマスのビターチョコレートと合わせるなど手が込んでおり、食べた時の奥深い甘さとコクがとてもおいしいです。プラ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.