画像: 「12月のネトル、メインのエゾジカがすごかったから1月も行きたい」

「12月のネトル、メインのエゾジカがすごかったから1月も行きたい」

野菜フレンチのお店、外苑前のnaitreへ。
たくさんの野菜がお皿の上に踊っていて、きれいだし独創的なので友達と一緒に再訪しました。
5,800円のコースのみ。ワインのデギュスタシオンとティーペアリングがあります!(もちろん単品でも)
しかしこのお店は野菜だけでなくてお肉もすごいんだーー
はっきりいって、11月の内容よりもさらに洗練された気がしました。
しかもこの12月のコース内容、あの!アラン・デュカスが食べた内容と一緒だってことで
すごく楽しみにしてました。
私が座ったシートに座ったらしい(笑)
コールドプレスジュースからスタート。
にんじんとみかん。
味が濃いとか野菜がおいしいとかだけじゃない。
今、その場でかぶりついたみたいにフレッシュ!
スプーンの上のコロコロと一緒に。
これでさらに濃厚に。
にんじんは紅御前人参。カロテンたっぷりな色してました。
ごぼうの芽立ち。
カリカリシャリシャリの土もどき。
スプーンで切れるくらいに柔らかいごぼう。中心にはムース。
大浦ごぼうは直径4cmくらいあったかなあ
ホワイトバルサミコを少しかけて酸味、さっぱりしてますし香りがいいです。
ハートのハーブも乗っていた♡
前菜。槇村野菜笑店の野菜たくさん。
白い粉は燻製タピオカ粉。ふわふわとして口の中で消えます。
口当たりの良いスライス、火が通ったものはより甘く、ハーブは少しからい。
ラディッシュ、バターナッツ、赤大根、下仁田ネギのピクルス、紅御前人参、紫芋、じゃがいも、
紅芯大根、菊芋、柿。
ソースも全て野菜です。色がすごい!んだけど、写ってるかなああああぁ...。
魚の料理。ふっくらとした鰆。
根セロリ、
刻んだ生姜とエシャロット。
オマールエビに和出汁を加えたソース。
セロリアック。
これ、夢に出てきそうだわ...
松の実と赤じそのパン。ブリオッシュ。
メインはえぞじか。
やんわらかくてクセがなくてじんわり旨味があって、友達と一瞬言葉がなくなりました...!
ビビッドな紫キャベツを合わせるなんて、ファッション雑誌見てるみたいなアレンジ。
デザートにも野菜が並びます。
ほうじ茶アイス、
りんごのタルトタタン。
写真、わかりますか?キャベツです!
野菜の甘さを中心に。
フランボワーズとキャベツのドライパウダーで、桜みたいな色合いになっていたよ。カワイイ色の組み合わせ。
美味しいももちろんだけど、野菜をこんな風に使って、こんな味になって...、
っていう、驚きと楽しさがあるお店ですネトル。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.