画像: 蕃 YORONIKU(恵比寿)

蕃 YORONIKU(恵比寿)

「蕃 YORONIKU」と書いて「えびす・よろにく」と読む。
ご存知、あの「よろにく」の、恵比寿に半年前オープンした、
焼肉業界、グルメ業界注目の新店舗。
オーナーのヴァンさんについてもらい、
こだわりの手法で目の前で焼いてもらうのが最高だ。
前菜はユッケをバケットに乗せて。
そして肉はタン塩からスタート。
このタン、一番やわらかくて贅沢な部位、タン元なのだが、
カットの仕方、焼き方、食べる時のつまみ方、
全てヴァンさんのこだわりのやり方に従って食べる。
と、今まで食べたことのない、
実に妖艶な口当たりで感動する。
さらに薄切りでも登場、塩こぶでいただくと、
これまた違うタン塩に。
ツチノコも美味い。
カイノミという赤身肉は、塊ごとじんわり焼き、
カットすると、まるでステーキのよう。
さらにシンシン。関東ではシンシン、関西ではマルシン。
実は、もも部位のシンタマという部位の芯だからシンシン。
少ししかとれない希少部位なのだが、これがトロける
ラストに差し掛かる前に、
パンが出てきて、きつね色になるまで軽く網焼きしてくれる。
このパンが、連日、行列ができる、
銀座「セントル・ザ・ベーカリー」の最高のパン。
これで挟む、シャトーブリアンのカツサンド。
甘辛いオリジナルソースを塗って、挟んでシャクっといくと、
完全にやられる。
僕にとって、47年の人生で、世界一美味い焼肉は、
間違いなく、この日ここで食べたこの特別メニュー。
トリュフを卵にまぜて、泡立つまでぐるぐる混ぜる。
シルクロースのソースとして食べた後、余ったこの卵黄トリュフにご飯を投入。
最高のトリュフ卵かけごはんのような、リゾットのような。
美味くて震えました。
美味いの向こう側を噛み締めると、歯の奥、脳までもがぷるぷるします。
ラストは素麺、デザートはかき氷(写真下)で〆る。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.