画像: カレーですよ4357(北海道八雲 ハーベスタ八雲)海二つに面した牧場のカレー。

カレーですよ4357(北海道八雲 ハーベスタ八雲)海二つに面した牧場のカレー。

豊平峡温泉を出てニセコの駅まで行ってみました。特に意味はないのだけれど、深夜の駅というのは好きですね。
喜茂別のセイコーマートでちょっと入用なものを買って深夜着。道の駅で就寝。朝、道の駅くろまつないで目をさましました。慣れたよなあ、この感じ。
トイレに行って顔を洗って歯を磨いて。着替えをして車内を走行状態にかたづけて。
さて、出発しましょう。雨だけれど、それもまた楽しいものです。
海沿いの道を八雲まで走りましょう。
カレーですよ。
もう15年以上経っただろうかなあ。
ボクは10年間ほどチェーンの焼き鳥店の雇われ店主をやっていたことがありました。名刺には和食レストランマネージャーとありましたが、程のいい焼き鳥屋の大将。それはそれで気に入っていました。
その会社は外食事業以外にもいくつか事業部を持っていて、北海道八雲、ちょうど函館とニセコの間くらいの、例の北海道の下のくびれたあたりに位置するのですが、そんな場所に農場とレストランを持っていました。在職中はチャンスもなかったのですが、ふと思い出してこの旅の途中で寄ってみることに決めました。
黒松内町から函館本線を横に見ながら海沿いの道に出ます。国道5号線、大沼国道を海を左手に走ると八雲町。
海沿いから少し上がった小高い丘のような場所に広い広い農地を持ったレストランが、
「ハーベスタ八雲」
まずその立地が気持ちいいんです。
緑がどこまでも続くような牧場の向こうには噴火湾。素晴らしい眺めです。
綺麗に整備された駐車場に車を止めて建物に向かいます。そのままではもったいないな、と少し牧場の方へ行って見たり。
気持ちがいいなあ。
レストランの建物に入るとホールからは噴火湾が一望。これは気持ちがいい。ここで食事、いいじゃないですか。
厨房前にはサラダなどが収められる冷蔵ケースとホットフードを提供するディッシュアップカウンターがあり、お客さんたちはそこに並んで好きな注文をする、というカジュアルなスタイルのレストランです。
いや、キャンティーン(食事場、食堂)に近いのだけれど、なかなかいいものが出てきて嬉しかったんですよ。カレー。あった。
注文したのは
「二海カレー(ふたみかれー)」
です。
八雲町は太平洋岸と日本海岸の2つの海を持つ土地です。
そう、あの噴火湾、内浦湾と奥尻島が浮かぶ日本海に挟まれたくびれの場所が八雲町。それにちなんでホタテは八雲産、タコは奥尻を望む熊石町産としてその2つの食材をカレーの上に乗せているわけです。なるほどねえ。
さあ、カレー。
まずはあらら、と思わず小さく呟いてしまったのがホタテのフライ。これがね、うまいの。すごくうまい。
なまぐさいのではない、海のもののよい匂いが香り、カレーソースの中にも入っているホタテとまた違う味わいになっているんですよ。これは心憎いねえ。うまいねえ。タコのフリッターも柔らかく、味わい深く、なかなかのもんですよこれは。
カレーソースはシーフード使ったクリームシチューを土台にカレーに寄せた感じでなかなかシャレています。乳製品と野菜、というバックボーンを上手に生かす落とし所、いいじゃないですか。ちゃんと土地との繋がりあるひと皿で納得がいきます。
ハーベスタ八雲は色々長くなるので割愛しときますが、KFCジャパンにつながりがあります。何しろボクがいた焼き鳥の外食チェーンが元々はKFCジャパン100%出資でスタートした会社でしたから。その後独立して運営がされています。
そんなわけで、当然鶏にはこだわりがあるということになります。メニューの中からチキンも押さえねばね。
それで、ローストチキンも美味しそうなビジュアルに惹かれて注文。これがね、素晴らしい味だった。これはうまかった。チキンレッグなんですが、ハーブとガーリック使いが食欲を刺激して、鶏自体、ただ柔らかいだけではない噛みごごちの良差もある上出来のローストチキンレッグでした。皮はパリッと仕上がりそこにハーブとスパイスが強めに効いていてたまらぬうまさ。やあ、これはさすがチキンにこだわる会社の運営、面目躍如ですねえ。
季節のサラダはベーコンのスモーキーな香りが効いたドレッシングがいい感じ。パリパリという食感を楽しみながら食べ進む葉物野菜が心地いいんです。茹でとうきびの甘さに思わずうまいっ!と悲鳴を上げてしまいました。
この地を離れるのが少しイヤになるよねえ、こういう美味しいもの食べてると。
牛乳もとても美味しいんです。
北海道の土の強さを改めて知るような食事だったなあ。
マネージャーがいらっしゃれば挨拶を、と思ったんですが、どうやら不在の様子。名刺を置いて帰ることにしました。
うん、いいレストランでした。
あんまりかしこまらないで済む、しかしきっちりと美味しいものを出してちゃんと満足をくれる本当にいい場所でした。
また来たいなあ、ここは。
おや、少し雨が上がってきました。少しはみちゆきの捗がいくな。
さて、函館方面へ。
#カレーダンニャバード #カレーツーリズム
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.