画像: リストランテ・ヒロソフィー(銀座)

リストランテ・ヒロソフィー(銀座)

24日で閉幕となる銀座「ヒロソフィ」。
そのカウントダウンとなったラストヒロソフィへ、
安倍首相も訪れたことが新聞に掲載され、ヒロさんも感激(涙)
その熱が冷めない翌日、12.8、我々も「ラストヒロソフィ」へ。
映画「ラストレシピ」へのオマージュを込めた
パロディ画像をヒロさんにプレゼント。
「ラストヒロソフィ」。
天然キャビアの贅沢カッペリーニから始まり、
ポルチーニ茸の小さなラビオリ、
ウニや白海老、バイ貝など海鮮のカルパッチョ、
蟹グラタンは、ぶりぶりの毛蟹の身がこれでもかと詰まっていて、
泣ける美味さ。
魚はスズキをフリットして甘いトマトと合わせたり、
プリモピアットは、
裏ごしした白子をソースにし、カラスミをかけた、
クリーミーこの上ない太めパスタ。
モッチリしてるのに不思議とアルデンテがある、
ヒロソフィのスペシャリテで盛り上がる。
メインには茨城県常陸牛のビステッカ、玉
ねぎ、竹炭塩とオリジナル粒マスタード添え。
これが腹ぱんでもペロリといけるジューシーさ。
ラストヒロソフィ最後の一皿は、
あの4代目徳次郎の天然氷を自ら日光へ行って仕込んで切り出した、
ヒロ氷のかき氷。
ラストヒロソフィ。
それはまさに山田宏巳という天才の料理人哲学(フィロソフィー)を
写しだすお皿の数々だった。
ご馳走さまでした。
PS
来春ヒロさんが生み出す新店舗は、
かつて神宮前にあった伝説のイタリアン「バスタパスタ」を彷彿する、
ヒロさんらしい躍動感に溢れる大箱だそうだ。
★お知らせ★
我々CHEF-1がプロデュースするミールキット「ごちレピ」発売中。
山田宏巳シェフのキットもあります。
CHEF-1、田中経一原作の映画「ラストレシピ」公開中。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.