画像: カレーですよ4354(青山一丁目 ポンディシェリ)南インド料理とカレーの絵。

カレーですよ4354(青山一丁目 ポンディシェリ)南インド料理とカレーの絵。

とあるきっかけでかわいらしいお嬢さんからのお誘いがありました。カレーデートだよ。なんでも閉店が近いお店があるので行ってみたいのだとか。
へえ、それはどこのお店だろう。
カレーですよ。
そのお嬢さんは絵を描く人。インスタグラムで見かけて惚れ惚れしました。
いいなあ、上手だなあ。あ、この絵はあそこのお店じゃない、とわかるんです。こりゃあすてきだ。
そうやって知っていたんですが、面白い偶然で実際にお会いすることができる機会がありました。しばらくまえですが、8月の終わりくらい、水野仁輔さんの新刊に合わせたトークショーが神田神保町の三省堂書店で開催されました。
「幻の黒船カレーを追え」
という本で、3年ほど前でしょうか、印度百景のステージの上でマイクを通さないおしゃべりをステージの上なのに二人でコソっといつもするんですが、その時にイギリスロンドンでの体験をいろいろ聞きました。それがやっと本にまとまったようです。
その帰り道、三省堂書店のエレベーターの前だったっけかな、可愛らしいお嬢さんに声をかけられました。「はぴいさんですよね?」はい、そうですよ。そんな始まりでした。
彼女があの素敵な絵を書いている本人なのは程なく話の中でわかりました。そのうちカレー食べにいきましょうね、と約束。それがかないました。
おみせは青山一丁目の、
「ポンディシェリ」
ムンバイグループの南インドコンセプトのブランチです。
あら、あそこ、閉まっちゃうのか。11月24日閉店だそうで、道路の拡張整備事業に伴う立ち退きらしいですね。それはそうだろうねえ。7年続いていてきちんと美味しい店、辞める理由が外部になければおかしいものね。
そんなわけでカレーっこさんとディナーとなりました。
ポンディシェリは青山のツインタワービルの裏手にあります。場所はそれほどいい場所ではないですが、盛況。たくさんお客さんが入っています。初めは静かだったんですが、ディナーのピーク少し前になるとたちまちお客さんがはいって賑やかです。
さて、何を頼みましょう。
ちょっとつまめるものから、と思ったらカレーっこさん、エンジンかかっちゃってて面白い。なんか変なセレクトになっちゃったけど(笑)とはいえ食べたいものを食べたいように食べるのが楽しいよね。
まずは、マイソールボンダ。
インドのカレーコロッケとも言えるものです。
これ、スパイスが鮮烈で大変美味しい。これはいいじゃない。
ビールがすすむ良いおつまみです。
次、イドゥリ。
これも大変いい、好みです。これは南インドの酸っぱい蒸しパンですね。
すっぱさがひかえめで少しどこかに甘みがあってとてもバランス良い味。この落とし所はいいなあ。
たまにすごく酸っぱいのがあってあれはちょっと、、となるけどここのはいい。
添えられてるのはサンバル(野菜煮込み汁)と、ココナッツチャトニ、トマトチャトニです。
中でもトマトチャトニは出色の出来栄え。
トマトが濃く、少し辛い仕上げが好みです。かなり粘度が高いのが珍しく感じました。いい、いいなあ。何にでも合うよ。
サンバルは優等生的完成度で、これもまたいい。
おやおや、実力あるお店だ。無くしちゃうのはもったいない。
お次です。
ふたりで行ったのに、二人しかいないのにレモンライスにマトンハイデラバードビリヤニとごはん物2連発という男メシ状態(笑)
カレーっこさんのチョイスです。でもね、確かに両方でいいかも。両方試したいもん。まあこれはボクも含めて暴走と言えましょう(笑)
インド料理のごはんものはご存知の通り量が多いんですよ。長粒米を粘りをとって炊いている(茹でている)ので軽いから食べられちゃうよ、という意見もあるけれど、それにしても2皿は多い(笑)
持ち帰りが可能な店が多いので杞憂ではあるけれどね。いやしかしカレーっこさんのカレーやインド料理に対する興味と情熱には頭がさがるなあ。好感度は上がるよなあ。
レモンライスもビリヤニも大変美味しかったですよ。
ビリヤニのマトンの美味しさといったらなかったねえ。イメージとしてはスマートな味、とでも言いましょうか。ソフィスティケイトを感じる味でありました。モダン、というか収まりがいいという言い方でもいいかもね。
美味しいのだがソツがないという感じです。ここら辺、青山一丁目なんていう土地柄もあっての洗練かな。悪くないんです。むしろインド料理など食べつけない人を連れて行くのにうってつけでしょう。
えー、さて。
もちろんカレーも食べるんですよ。ハーフサイズのドーサも食べました。
カレーはコフタカレーを頼みました。
これ、正解。団子入りのカレー何ですが、これは話が合って二人とも同じチョイスになりました。コフタ(団子)はマトンのコフタ。これがすごく好みだったんです。粗いミンチになった肉の味がかみごたえとともにきちんとあって、好ましいんですよ。これは良カレーだねえ。
このあと抜かりなくデザートのハルワも食べました。
ごはん2品は予想通りあえなく持ち帰りとなったわけです。
うん、予想の範囲内。
色々なおしゃべりができて面白かったなあ。素直な娘さんはいいもんです。
しかしこの味の店がなくなるのは大変に惜しいもんです。
どこか別の場所で再開してくれればとても嬉しいな。
彼女のインスタアカウントは是非フォローするべき。
https://www.instagram.com/currykko/
#カレーダンニャバード #カレーツーリズム
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.