画像: カレーですよ4352(札幌 北海道大学 レストラン・エルム)大志を抱くクラークカレー。

カレーですよ4352(札幌 北海道大学 レストラン・エルム)大志を抱くクラークカレー。

ひとつ前に書いた札幌の北大前にある、北海道クリスチャンセンターのY's Cafe。バングラデシュのカレーが美味しかったんですよね。札幌では必ず行かなくちゃ、のお店。もうひとつ、必ず寄ろうと思っていた場所があります。北海道クリスチャンセンターから歩いていきましょう。
カレーですよ。
北大。ご存知「青年よ、大志を抱け」で有名なクラーク博士が先生をしていたことで有名です。その北大にしゃれたレストランがあって、クラークカレーというカレーが食べられると聞きました。
これも実はやまけんさん、ブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」でおなじみの農産物流通コンサル、食生活ジャーナリストとして活躍する山本謙治さんに教えてもらったんです。
「レストラン・エルム」
は北海道大学のキャンパス内にある洋食レストランです。
ただの洋食レストランではないんですよ。実はここ、札幌グランドホテルが運営をするれっきとした札幌グランドホテルの館外レストランという立ち位置にあるのです。
なので、接客も食事もホテルクラス。
かっちりしたいいレストランなのです。
緑深い北大構内をゆっくり歩くのがとても楽しく好ましい気分です。
緑が本当にきれいだなあ。
少しお腹がこなれるように遠回りをしてキャンパスをぶらりと周ります。そんな散歩を楽しみながら、エンレイソウに到着。
この中にレストラン・エルムがあります。
ホールの担当女性が笑顔とともにきちんとした案内で席に連れて行ってくれました。気分が良いレストランです。
モダンでしゃれた感じの落ち着きあるカフェレストランです。弧を描いたようなホールは左右両側がガラス張りで、大変心地いい。ちょうど森の中で快適に食事をしているような気分にさせてくれるのが素敵です。
ああ、いいレストランだなあ。
入って左側のテーブルからは睡蓮の池が見えました。
さて、
「クラークカレーセット」
を注文。
のんびりした空気の中でリラックスしながらカレーを待ちました。
テーブルに運ばれたカレーを見て思わず声が漏れます。美しいし、美味しそうで嬉しさがこみ上げてきます。これは素敵だ。
カレーソースはトマトの赤が鮮やか。
ひと口含みました。外見に違わない(たがわない)酸っぱさが弾ける、野菜の力強さを感じる味です。ああー!フライドズッキーニの甘みに悲鳴を上げてしまうよこれは。これは美味しい。肉厚のパプリカは揚げることにより舌を押し返してくるような動物系の色気が引き出されていて、昼間の明るい時間から何やら悪いことをしているような気分にまでさせてくれるんです。
すげえなこれは。
風味の良い豆のかき揚げなどがサイドで入るのはとても面白いし好ましいですね。ニンジンはグラッセですが甘すぎず、てかりすぎずの控えめで旨み強い好感持てるもの。うーん、これもいい。
全体のバランスが良いのと野菜に力を感じるのが素晴らしかったですねえ。
ローストビーフは薄味の仕上げでカレーソースと合わせるのにとてもいい塩梅です。やはりこれもトータルのバランスを重視しているのが見て取れます。
しば漬けや福神漬けがきちんとおいしいのもうれしかったよ。
最近の学説、検証ではクラーク博士の件はまた別の推理と意見が出てきているようですが、それとは関係なくクラーク博士のおかげで良カレーに出会えた、というわけです。
札幌農学校時代からこの地を開拓して日本の玉ねぎとジャガイモの初期を支えてくれた北海道の大地と植物学や自然科学を学生に指導していたクラーク博士には感謝だけがあります。
スープカレーを食べ歩くのもとても面白いのだけれど、北海道のカレーはそれだけではないよねえ、と強く思うのです。
そうそう、こことは別に学食もありまして。
そっちも魅力的なんだよねえ。
流石に3食連チャンはまずかろう、と諦めました。
今度来るときは必ず寄らなくちゃ。
#カレーダンニャバード #カレーツーリズム
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.