画像: 「食堂とだか 肉松茸ウニいくらゆで卵」

「食堂とだか 肉松茸ウニいくらゆで卵」

後輩が予約を取って誘ってくれて。
なんていい子なのアナタ!って感じで、それぞれお友達を誘って4人で行ってきました。
食堂とだか。
同じようなお店が理想とするようなお店展開。
10席のカウンターのみ。
オープンして2年で、だいたい1年目くらいにはもう予約が取れなくなるくらいに口コミ広がって、
予約取ったお客さんはその場で次の予約を入れて帰る。
改めて予約を取る、もしくは初めての場合は決められた予約日に電話で予約を取る。それでだいたい埋まる。
で、2軒目展開する。
理想形だなぁ。
スタートはお通しから。5種類くらいから好きなもののチョイス。
みんなでシェアできるくらいの小料理が並ぶので、重ならないようにいんなで選んで。
そうこうしているうちに、目の前にはほかのお客さんのオーダーが着々と。
うむむ、美味しそう。。
オーダーは手書きしていきます。
結局お会計は5,000円でお釣りがきた感じでしたけど、
それでも能作のぐい呑み使ったりとかね。なかなかやりおるなー
ポテサラ。
里芋コロッケ。
目の前お豆腐は、
肉豆腐に変身!
こちらも、どこかへ運ばれていった...。
肉ごはん。
世の中はやっぱ、肉なのか。
でっかい椎茸はアンチョビバターにて。
チーズ甘納豆はバターのよう。
すき焼き風に仕上げられた松茸とお肉を、
あらゆる贅沢品で飾っていくスタイル。
これ注文してなぜあんなにお会計安いんだ?
すき焼き風になっているので、当然白ごはんお願いします。
なんだなんだこの店は。。。
家から近いから通いたいのに、予約取れなーい。
今年最後のシャインマスカットは、ここでサワーになっていた。
すばらしかったです。(誰か行きましょう~
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.