画像: 日本酒 やまとのこころ お披露目会にて司会

日本酒 やまとのこころ お披露目会にて司会

先週15日、Lady SAKE Project による日本酒「やまとのこころ2017」お披露目会が国際文化会館で開催され、昨年に続き司会をさせていただきました。 山口(長州)で作った山田錦を使い、福島(会津)の末廣酒造で造られた日本酒。 今年で3年目となりますが、安倍昭恵夫人が東北の復興や世界平和を願い、Lady SAKE Projectメンバーの皆様と共に何度も打ち合わせを重ね、山口、福島と現地にも足を運び、完成、お披露目の機会となりました。 無農薬栽培で3年目ということで、酒米が不作だったこともあり、今回はにごり酒のみとなりましたが、会津塗の酒器、酒器を入れる会津木綿の袋とともに、木箱入りの素敵なセットになりましたよ。 さすが、女性ならではの感性が細部にまで感じられます。 漆塗りのお猪口に関しては、人間国宝で漆芸家の室瀬和美氏が、にごり酒が映えるようなデザインをされました。 会津の木地師や塗師の方とも、何度もやりとりされたとのこと。 9月にはメンバーの皆様とご一緒に、私も目白にある室瀬先生の工房で漆の勉強会に参加。 以前から大変御世話になっている、息子さんで漆芸家の室瀬祐さんから色々お話を伺い、実際に匙の模様をデザインし、細い筆で漆を使って描いたところに金粉を蒔いて、模様を浮き上がらせるという蒔絵の体験もさせて頂きました。(素人デザインながら、結構気に入 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.