画像: 「神楽坂 石畳通り沿いのイタリアン LASTRICATO(ラストリカート)」

「神楽坂 石畳通り沿いのイタリアン LASTRICATO(ラストリカート)」

飯田橋駅も大工事中で少し雰囲気が変わりつつありますが、
やっぱり行ってみるといい雰囲気が残ってますよね神楽坂。
この街をさらっと案内出来たらカッコいいなと思います。
この日はラストリカート。石畳という意味らしいのですが、、
久しぶりに伊和辞典を引っ張り出しました。
調べ魔(笑)
確かにお店の前には石畳。
あの、神楽坂の奥に潜む細い路地です。ステキなんですよね。
1階はオステリア、2階はリストランテとなっており、2階の奥には完全個室もあります。
この日はその個室です。
温かいスープが運ばれてきました。
ガラスの器だと目玉焼きみたいです。
丁寧に裏ごしされた人参のスープにクミンの香り。
荒々しさはなく、遠くの方に優しい人参の風味がします。
前菜は想像以上のボリューム。
季節の里いもや柿を使用。
火を通したまぐろ好きだわー。
エゾジカのサルシッシャ。
メインでもいいくらいのしっかりとしたボリューム。
根セロリのピューレと紅玉のジャム。
焼きりんごやアップルパイに使われる紅玉は、酸味があってシャクシャクとした果肉感がいいですね。
サルシッシャ、一度ナイフを入れると肉塊が溢れてきます。
プリモピアット2種。
香箱蟹(と表現していた)とからすみのスパゲッティーニ。
香箱蟹は山陰では「せこがに」と呼ぶ、メスの蟹です。
もう香箱蟹という言い方が定着しているのかーー
2品目は生ポルチーニのフェットチーネ。
実は生ポルチーニってあんまり食感がふわふわしてて美味しいと思ったことがない。
しめじや松茸みたいな日本のきのこは、相当美味しいと思ってる。
イタリアンパセリの茎が食べにくかった。。
もうお腹いっぱいになりつつ、スズキ。
すごくきれいでしょーこれ。
メインは鴨。京都・宇治の鴨の胸肉。
こちらもとてもきれいでした。
しっとり、やわらか。ラギオールのナイフがスッ...と入りました。
デザートは意外とボリューム。
ティラミス。
その後のパスティッチェリエもありました。
イタリアンらしいイタリアンで良いお店でした!
広い一軒家なのもすごいなってね。みんなで話してました。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.