画像: 山口の食材を活かした本格派のナポリピッツァ「ベルジョーコ」

山口の食材を活かした本格派のナポリピッツァ「ベルジョーコ」

本日のピックアップフォトは、山口県の防府にある「ピッツェリア・ベルジョーコ」で河村シェフが激辛好きの僕のために焼いてくれたスペシャルピッツァです。
「梅田さんの完熟ハバネロとチーズのペーストに西さんの美味しいトマト、甘唐辛子、豚バラの窯焼き、ニンニク、モッツァレラのピッツァ」です。
これを食べにまた山口に行きたいと思えるピッツァでした。
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
山口県の防府にある「ピッツェリア・ベルジョーコ」は2015年6月にOPENしてからずーっと行きたいと思っていた店です。今回は下関で「日本生殖医学会学術講演会」が開催されたので、出張ついでに足を伸ばして初訪問してきました。
広い店内にはカウンター席もあり、お一人様でも気軽にナポリピッツァを楽しめそうです。
更に店内の至る所にナポリを中心にサッカーグッズが飾られており、大きなモニターではサッカー中継も見られるスポーツバーとしての機能も備えてる店です。
店内で発見したイラストが気になったんですが、RIOTAさんという山口県防府市のスポーツイラストレーターの作品だそうです。彼はイタリアのスポーツ新聞や日本のサッカーダイジェストにイラストが掲載されたり、湘南ベルマーレのグッズデザインなどをしている有名イラストレーターで、そんな彼がベルジョーコの為に描いてくれたハムシックのイラストはお店の宝物です。
とっても美味しいイタリアのクラフトビール「COLLESI(コレージ)」のキアーラをいただきました。
これ、ピッツァや料理とも良く合いますね-。
シトラスやトロピカルフルーツのようなフレッシュな香りが、料理とも良く合います。
充実した前菜盛り合わせは、山口の秋を満喫出来る食材ばかりですから東京じゃ食べられません!。
秋吉台高原牛モモ肉の自家製ブレザオラは、ボローニャで食べて感動したモノをコピーしたそうです。
更に同じ秋吉台高原牛のモモ肉を冷製しゃぶしゃぶにしたのはバルサミコとハチミツでマリネします。
近所のイタリア野菜を作る梅田さんのフェンネルとオレンジのマリネはシチリアっぽくて旨い♪。
湯むきしたトマトにディタと白ワインのシロップに漬け込んだマリネは感動モノです。
モモノスケというこの時期にとれるカブと柿の白ワインビネガーマリネ。
アスコラータは、オリーブの肉詰めフリット。
近所の農家さんのイチジクとリコッタチーズを生ハムで巻いたフリット。
名田島の西さんのトマトとトレッチャのカプレーゼ。
白井さんのほうれん草とグアンチャーレとリコッタのスフォリアテッラ。
といった、まるで東京にあるおしゃれなイタリア料理店のようなラインナップ。
しかし、全て山口県のフレッシュな食材で作るのは、東京のお店では不可能です。
どれもが美味しくて手間暇かかっているメニューばかり、特にお菓子として有名なスフォリアテッラをアレンジした前菜は、東京などの人気イタリアンではやるところがありますが、山口県で食べられるとは思いませんでした。。
この写真、生の完熟ハバネロですが、僕も初めて見たかもしれません(笑)。
激辛好きの僕の好みを知っていて、生ハバネロとチーズでペーストを作ったそうです。
1枚目はこのスペシャルなピッツァを作り始めました。
梅田さんの完熟ハバネロとチーズのペーストに西さんの美味しいトマト、甘唐辛子、豚バラの窯焼き、ニンニク、モッツァレラのピッツァは、焼く前の姿からして旨いのが分りますね。
形を整えたら、ナポリの名門「ステファノフェッラーラ」の薪窯で焼き上げます。
しっかりと炉床を使って小麦の旨味を引き出すという、ナポリのイスキア島にある「ダ・ガエターノ」仕込みの腕は確かですよ。
窯の中で生地が膨らんでいく様子がいいですね。
焼き上がったところで、オーナーシェフの河村君に完成したピッツァを持ってもらいました。
これは今まで食べたことのない、生地の旨さに、辛みと旨味の相乗効果を楽しめる素晴らしいピッツァ。山口まで来ないと食べられないのが悲しいけど、九州や広島出張の時にわざわざ行っても良いとすら思いました。
2枚目のマリナーラの準備が始まりました。
伸ばした生地にトマトソ-ス、西さんのミニトマト、ニンニク、オレガノ、バジルをトッピングします。
窯の入口では、この後でセコンドで提供されるサルシッチャや肉が薪窯調理中です。
最高に旨いトマトを使って焼き上げたマリナーラですから旨いに決まってます。
バリッと焼き上げられたクラシックなナポリピッツァはかなり僕の好みでした。
セコンドは薪窯でじっくりと焼いていたお肉の盛り合わせです。
秋吉台高原牛のランプとバラスティックと自家製サルシッチャの窯焼き。
サルシッチャのスパイスやハーブの使い方や、赤身が旨い地元の和牛とそれに添えられたレモン塩やマスタードで、最後まで飽きずに美味しくいただけました。
ドルチェは瀬戸内レモンピールのババとガトーショコラとマチェドニアでした。
お腹いっぱいでしたが、さっぱりと食べさせてくれる美味しいドルチェでした。
食後のエスプレッソはナポリのKIMBOを使ってます。
窯の前ではお約束の記念撮影♪。
河村君と撮るのも久しぶりで楽しくて、つい色々おしゃべりしすぎました(笑)。
美味しかったし楽しかった、ベルジョーコにはまた必ず再訪したいと思います。
東京では食べられない、山口の新鮮食材を活かした本物のナポリピッツァをどうぞ!!
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
ピッツェリアベルジョーコ (PIZZERIA Bel gioco)
電話:0835-55-4126
住所:山口県防府市本橋町12-20
交通手段
JR山陽本線 防府駅天神口より徒歩20分
防府駅から1,411m
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)
日曜営業
定休日:火曜日
予算(口コミ集計)
¥5,000~¥5,999 ¥1,000~¥1,999
支払い方法:カード不可
席数:30席
個室:無
貸切:可(20人以下可、20人~50人可)
完全禁煙(店外に喫煙スペースあり)
駐車場:有(店舗前が満車の場合は、店員さんに相談すると対応してくれます。)
オシャレな空間、カウンター席あり、スポーツ観戦可
ドリンク:焼酎あり、ワインあり
サービス:テイクアウト
子供可
オープン日:2015年6月9日
備考
facebook →https://www.facebook.com/#!/belgioco42/timeline
ツイッター → https://mobile.twitter.com/bel_gioco
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.