画像: 「上野風月堂11月15日リニューアルOpen!生ゴーフルと焼きたて東京カステラ」

「上野風月堂11月15日リニューアルOpen!生ゴーフルと焼きたて東京カステラ」

ぱりっと軽いせんべいの中にクリームが入った「ゴーフル」は誰もが親しんだ味。
昭和4年生まれのこのお菓子は手土産として幾度となく贈り、いただき、食べたお菓子です。
このゴーフルを生んだお店は「上野凮月堂」。(風ではなく凮)
その歴史は1747年に遡り今年で270年。
以降、沢山ののれん分けや同名のお店が生まれるも、江戸の菓子屋「大坂屋」の直径はここ、上野凮月堂しかありません。上野広小路にある本店が11月15日にリニューアルし、工房一体、体験型のお店へと一新します。
若き八代目・大住佑介社長が仕掛けた「上野に来たくなるようなお店」への改革として、
今までの伝統と上野凮月堂らしさを残した上で、新しい発想を加えたお菓子が出来上がりました。
生ゴーフルともいえる「ゴーフレーシュ」。
また銅型で焼き上げる焼きたて東京カステラです。
ゴーフレーシュは、フレッシュなゴーフル、という意味を込めて名付けられた、
焼きたての柔らかいゴーフル。
中にはバタークリームベースでたっぷりとしたクリームが入っています。
ワッフルのように焼き上げますが薄生地でとても軽い食べ心地。
生地はぷくっと膨らんで2層になり(下に動画があります)、切り離した中にクリームを詰めます。
クリームはシュガーバターとキャラメルが定番。加えて季節のクリームが追加されるとのことで、
この日はマロンでした。
また焼きたて東京カステラ。
これは江戸時代から続くレシピをそのまま忠実に守っているとのことですが、
6面体で全面から焼くスタイルは岐阜・恵那のカステラとそっくりです!
岐阜・恵那のカステラはもっと素朴な味わいで、これはこれでまたとてもおいしいです。
少しパンっぽい食感なのはどちらにも共通ですが、上野凮月堂の方はよりふっくらとして、
私たちが想像するカステラに近い感覚です。
店内ではホイップクリーム、ホイップバター、あんこ、はちみつ、キャラメリゼから各トッピングを選べます。
上野凮月堂にもともとある「東京カステラ」ともレシピは同じとのことですが、
店内では焼きたてを食べられるほか、キャラメリゼバージョンに関しては店内限定のお楽しみです♪
またハンドドリップのコーヒーも飲めるようになりました。
豆は世田谷のNOZY COFFEEの特別ブレンド。
他にも紅茶、ハーブティーなどの用意があるとのこと。
---
バターのいい香りがする1階のカフェ&ショップから階段を登ると、レストランKANAME(かなめ)があります。
上野らしい洋食のお店です。
スペシャリテはビーフシチューオムライス(ランチ税込2,400円、ディナー税込1,700円)。
とろっとろに煮込まれたビーフシチュー。旨味が溶けだしたシチューを絡めて食べるハーブ卵を使ったオムライス。
でもこれも魅力的だなぁ♪ 大人のオムライスさながらの「KANAME膳」(税込2,700円)
ナポリタンにハンバーグにエビフライにチキンに玉子サラダ。こんな夢の競演ある~!?
試食した中ではメンチカツのぽたぽたーっときれいな脂があふれ出した感じが良かったー
料理長の中西潤也氏はマンダリンオリエンタル東京やアマン東京を渡り歩いたシェフ。
日本人が大好きな洋食に、少しエッセンスを加えた本格的な料理が食べられます。
伝統があればあるほど変えられない、変えるのが難しいものである中、これは大革新と言ってもいいほどの
楽しくおいしいリノベーションでした。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.