画像: Restaurant La Relève にて魅惑のマリアージュ体験

Restaurant La Relève にて魅惑のマリアージュ体験

こんにちは。 少し前のことになりますが......9月にオープンした話題の商業施設『GEMS恵比寿』7階に誕生した、「遠藤利三郎商店」の新業態『Restaurant La Reléve』さんへおじゃましました。フランスの「森の魔術師」ことレジス・マルコン氏のもとで研鑽を積んだシェフの料理は、ベースはクラシカルで奇を衒わず、しみじみ味わい深い逸品ばかり。そこにモダンな演出が加わることで、洗練されたコースに仕上げられています。 早速、いただいたお料理やワインをご紹介させていただきますね。 ワインは「テロワール」というフランスをメインとしたデギュスタシオンコースをご用意いただきました。 Taittinger Brut Réserve NV乾杯はシャンパーニュ テタンジェでスタート。爽快さと奥深さが織り交ざった絶妙なバランスを堪能しながら、目前に並べられたかわいらしいアミューズたちに舌鼓を。冷製アミューズは鰯のマリネや生ハムメロンなど、みなシャンパーニュがシュワリ心地よく溶け込むような、華やかな一品に仕上げられています。温製アミューズのマドレーヌとドフィーヌはワインボトルの瓶口部分に並べられ......遊び心あふれる演出がまた楽しい。お次のお料理は......タスマニア産サーモンのショーフロア 根セロリのクロッカン×Les Arums de Lagrange 2015お次は根セロリの香味を優しく効かせたサーモンのショーフロア。こちらに合わせていただいたのは、ソーヴィニヨン・ブランの爽やかさとセミヨンのなめらかさのアッサンブラージュが絶妙なレ・ザルム・ド・ラグランジュ。サーモンとSBの、言うまでもなく完璧なマリアージュ^^ 食事もワインもタイプがゆえ......ふっくら香ばしいバゲットも進む進む。フランス ベリー産レンズ豆の煮込み 胸腺肉と秋トリュフ 燻製卵添え×Mouton Père et Fils Condrieu 2013お次はレジス・マルコンのエスプリが詰まったスペシャリテの登場!安堵感誘うレンズ豆の優しい味わいに、トリュフやフォアグラ、燻製卵があしらわれることで、素朴さとゴージャスさが融合した印象的な逸品に仕上がっています。そこに寄り添うのは、南フランスの「お花畑」こと?ローヌのヴィオニエ。仄かに熟成のニュアンスを呈していて、滋味深く料理に溶け込みます。郷土を意識したペアリングはやはりナチュラルに馴染むなぁと改めて実感。 北海道産 真子鰈のムニエル 赤パプリカのソース ピマンデスぺレット風味×Chateau Bas le Temple Rosé赤パプリカソースの鮮やかな香りに彩られたマコガレイに合わせてご提案いただいたのは、開放感にあふれたプロヴァンスロゼ。グルナッシュの華や ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.