画像: 三軒茶屋ラルテで1枚で2度美味しい肉ピッツァ!

三軒茶屋ラルテで1枚で2度美味しい肉ピッツァ!

本日のピックアップフォトは、三軒茶屋の路地裏にあるナポリピッツァの名店「L'ARTE(ラルテ)」で食べたポルケッタと`Nduja(ンドゥイヤ)のメタメタ(ハーフ&ハーフ)です。
これは、僕の大好きな組み合わせでイタリアのチャーシューのようなポルケッタと燻製チーズのビアンカと、辛みと肉の旨味のバランスが旨い`Nduja(ンドゥイヤ)とリコッタのロッソを1度に楽しめるピッツァです。
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
三軒茶屋の路地裏にある真のナポリピッツァ協会認定店「L'ARTE(ラルテ)」は、旨いナポリピッツァがおしゃれな雰囲気のお店で食べられるお店です。先日発表になった食べログの「ピザ百名店」では、僕の「マイベスト」としてこの店の「ポルケッタ」を紹介させてもらいました。
店内はいつ行っても満席ですから行くときは予約必須ですよ。
僕はよく1人で行くので、カウンター席があるのも助かります。
写真のように女性のお一人様も多いおしゃれなお店ですよ。
ラルテに来ると必ず頼むのがアラカルトのサラダ。
このトマトが最高に旨いので、ランチセットのサラダではなく、毎回アラカルトのサラダを頼みます。
さあ、ピッツァの準備が始まりました。
生地は手の熱が伝わらないように、触りすぎず、短時間で伸ばさないといけません。
オーナーピッツァイォーロの井上勇さんは「日本ナポリピッツァ職人協会」の副会長も務める実力派のピッツァ職人です。
窯の前で仕事をする勇さんの職人技は、ずっと見ていても飽きませんよ。
僕の大好きなラルテの肉ピッツァ2種類をメタメタ(ハーフ&ハーフ)でお願いしました。
半分はポルケッタと燻製モッツァレラ、ルッコラで、半分は`Nduja(ンドゥイヤ)とサルシッチャとリコッタチーズという組み合わせです。`Nduja(ンドゥイヤ)とは、豚挽き肉と唐辛子を発酵させて作るカラブリアの名物ですが、この店ではイタリアからの輸入品ではなく、カラブリアから呼んだサラミ職人マエストロが、日本の霧島豚を使い、余計な添加物を入れずに作る「アンティカサルメリア」の`Nduja(ンドゥイヤ)を使っているので、とても美味しいんですよね。
パーラの上で形を整えて窯に投入します。
ラルテの窯は「ダ・ペッペ・ナポリスタカ」や「ピッツェリア恭子」など近年人気のピッツェリアと同じ、日本橋の「山宮かまど」の山宮さんが店まで来て作り上げ、MIYAMURA WORKSの宮村さんが製作した煙突というゴールデンコンビによる薪窯です。
オーナーの井上勇さんが薪窯の中の生地の変化をしっかりと見極めて焼きます。
完成したピッツァがこちら!
食べログから依頼されたピザ百名店でもこのポルケッタを「マイベスト」に選びましたが、やっぱりいつ食べても旨いピッツァだと思いました。
最後にエスプレッソを飲んでランチ終了です。
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
ラルテ (L'ARTE)
TEL:03-3424-3003
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17 1F
交通手段
東急田園都市線三軒茶屋駅南口徒歩7分
三軒茶屋駅から105m
営業時間
12:00~14:00(L.O)
18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日、水曜日のランチ
予算(ユーザーより)
¥3,000~¥3,999 ¥1,000~¥1,999
実際にお店へ行った人が使った金額です。 予算分布を見る
カード:可(JCB、AMEX、Diners)
サービス料・チャージ:1人300円
個室:有(8人可)
完全禁煙
駐車場:無
オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり
携帯電話:docomo、SoftBank、au
ホームページ: http://www.larte.jp/
オープン日:2011年7月5日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.