画像: RED U-35 2017★シルバーエッグの第三次審査会とゴールドエッグ発表

RED U-35 2017★シルバーエッグの第三次審査会とゴールドエッグ発表

以前お知らせしていたRED U-35 2017の第3次審査、学園祭審査が昨日開かれました。
第3次審査に残った25名はシルバーエッグという称号を得て、決まった予算内で秋にちなんだアミューズを屋台形式でお客さん(私たち応援団を含む一般消費者)に提供するという趣向です。
しかし、アミューズの引換券はわずか7枚! 25品からどれを選ぶか?選ばせる魅力があるか?ここで選びあじわった中からさらに3品(3名)を、わたしたちは最後に優勝候補として投票します。
この結果は、プロの審査員の方々の本審査には影響はしないそうですが、参考程度にはなさるということでした。
応援団の私たちは早め集合、入場できたのですが屋台は売り切れじまいなのでなかなかの争奪戦でした(笑)
わたしが応援していた方のお料理の他、仲間とシェアしたりして7品以上味わいました。
キャスト78の野崎翠シェフ。女性らしい繊細な盛り付けですが、ここにポルチーニとサンマの骨などからとった味わい深いスープを注ぎます。美味しかった!お店も10周年、また伺わなくては。
今回の審査で知った広味坊 千歳烏山本店。五十嵐シェフのパワーあふれる無化調中華はぜひ食べに行きたいと思ってます。皿まで食べられる酢豚はその場で甘酢ソースをかけていただきました。見た目も美しかった!
都内から能登の食材に惚れ込み能登に移住した、Villa della Paceの平田シェフのお写真はうまく撮れず残念。獣害とされる猪と地元産の希少なごぼうを使った料理は、少し食べにくいのが難点でしたが野性味溢れる味わいでした。
なんと19歳!それなのにプレゼン力もバッチリで素晴らしかった京都吉兆嵐山本店の崎シェフ。器の竹も自ら切り出したそうで丁寧な仕込みにも感心しました。
Margotto e Baciareの加山シェフのいちじくの葉の香る猪のコンソメは、コンソメにはうるさい?私も唸った一品。見た目シンプルですが、コンソメとは本来そういうもの。お店できちんと食べてみたいと思いました。大好きな佐渡の黒いちじくの葉が使われていたのも高ポイントでした。
一番賑わっていたのが、スガラボの薬師神シェフのブース。二次のビデオ審査、今回の学園祭審査共 に抜群のプレゼン力を見せていました。ブースの演出も完璧でしたね。
ブース写真がうまく撮れなかったシエル エ ソルの音羽シェフの料理は、芸術的な秋なすの木の葉、なすとサンマという秋らしい組み合わせも素敵だと思いました。
応援団メンバーで記念撮影。会場を出て仲良しの西村愛ちゃんとお茶している間に、「GOLD EGG 2017」の5名が決定しました。はあぁ、せつない。
赤井 顕治さん/フランス料理 アーククラブ迎賓館〈広島県〉
音羽 創さん/フランス料理 シエル エ ソル〈東京都〉
崎 楓真さん/日本料理 京都 兆 嵐山本店〈京都府〉
薬師神 陸さん/フランス料理 SUGALABO inc.〈東京都〉
山口 智也さん/イタリア料理 IL TEATRINO DA SALONE〈東京都〉
印象に残った7名を紹介しましたが、そのうち3名が入賞。ゴールドエッグ獲得おめでとうございます !
さあこれから、優勝者であるレッドエッグが選ばれる最終審査です。私もセレモニー&懇親パーティーへ。朝から息子の引越しで大変でしたが、仕切り直してお出かけしてきます

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.