画像: イルブリオ(六本木ヒルズ)

イルブリオ(六本木ヒルズ)

「ケンミンSHOW」や「ペコジャニ∞」などの番組で
お世話になっているテレビ制作会社がある。
これまで「どっちの料理ショー」「チューボーですよ」など多くのグルメ番組を制作。
日本一“シズル感”(見てて食べたくなる、ヨダレが出る感じ)のある画をテレビにする会社、
とも言われ、シズルを出すキモでもある料理の「持ち上げ」(麺などを箸で持ち上げたりする画。箸あげとも言う)が下手だと出世できない、なんて噂もあるほど、
とにかくグルメに強い会社。
そんな会社のトップである社長(元・会長)は、
当然ながらものすごいグルメな重鎮で、
つねにグルメのアンテナを巡らし、
老舗から最新の店まで、とっても詳しい。
僭越ながら、会うと美味しかった店情報を交換させいただいている。
先日、ある番組収録中、
「イルブリオ、Bくんが行ってないなんて......」
「あそこの裏メニューの餃子が美味いんだよ」
とおっしゃる。
僕のスマホのグルメ帳(食べログのブッックマーク)を見ると、
やはり、行いたい店リストに入ってて、
「ゲーテで薫堂さん推薦」と自分でメモしてある。
社長が笑顔で僕に推薦する裏メニューの餃子...めちゃめちゃ美味しそうなので、
収録後に早速連れてっていただいたw
六本木ヒルズの5F。
東京タワーが見える綺麗な空間。
ワゴンで美味しそうな食材や前菜がズラリと並び、
食べたいものを、食べたいだけチョイスするスタイルは、
そう、あのアッピアや、古くはキャンティのあのスタイルだ。
前菜3品、パスタ、メインなど選び、
その間に、温かい前菜的に、餃子を入れていただいた。
常連の社長ならではの裏メニュー。
これは秘密にせねば、と思いきや、、、、
「Bくん、ブログとか書いて、みんなに教えてやってよ、ここの餃子」
「ブログとか、書いちゃって、いいんですか?」
「はい、ぜひ」
「すずきBのブログを見たって言えば、食べられます?」
「食材があれば、大丈夫ですので」
と、お店の人も、大歓迎。
ということで、書かせていただきます。
冷たいウニのパスタ(写真)も感動の一皿ですが、
夜景のキレイなおしゃれイタリアンで、
ご覧のような美しいフォルムの餃子3つが、
皿にキレイに並んででてくる、この違和感にテンション上がる。
写真奥から、ラム餃子、ポルチーニ餃子、海老餃子。
どれも美味しいのだが、
中でも、ポルチーニ餃子に感動した。
餃子の皮はカリっと焼き上げられ、
一口噛むと、フワッとポルチーニの甘くて野性味溢れる香りが爆発するように香る。
肉が詰まった餃子を食べてるような満足感もある。
味がしっかりついててタレなど要らない。
口の中で、いい感じのポルチーニの出汁が染み渡る。
冷えた白ワイン、リースリングがとても合い、
白い花のような香りとともにポルチーニを上品に流してくれる。
餃子の街・浜松(の隣の磐田)で育った僕は、
あらゆる餃子を食べてきてるほうだが、
料理として完成し、そして、餃子の概念を超えてない、
餃子らしいけど餃子らしからぬ風味の餃子、初めて食べた。
しかしその時は、社長と一緒で、いたく緊張。
美味しかったが、肩に力が入ってしまっていた。
ということで、早速数日後、再び予約。
しかも、事前に、先日うかがったことを説明、餃子を食べられるか確認した
上で。
いやあ、これまた美味かった。
餃子を食べに、イタリアンへ。
しかもワゴンでおなじみのイルブリオへ。
これは、この店を知ってる人も知らない人も、驚かせることができる、
良い裏メニューだ。
おしゃれなので、デートにもいいが、
子連れも大丈夫なのでファミリーにもオススメ。
★お知らせ★
ペコジャニ∞(TBS)は、毎週月曜夜10時(22時)から放送中!
グルメ四天王vsグルメ芸能人vs関ジャニという三つ巴のグルメプレゼンバトル。
毎週、シズル感たっぷりの映像で、美味しい情報をお届けしますので、お見逃しなく!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.