画像: 本日オープン!上野PARCO_yaの注目店あれこれ

本日オープン!上野PARCO_yaの注目店あれこれ

食べあるキングの仲間がたくさんお手伝いしている東京モーターショーのグルメキングダム2017は明日まで。わたしは息子の引越しや仕事、美容サロン行脚とすべて予定満載で忙殺されていて伺えないのですが、食べてみたいものがたくさんあって行きたかった。。。かなり人気みたいなのでお時間ある方は是非!
わたしが予定外に動けるのはご近所くらい。近隣住民向けに少し前、パルコヤのチラシがポスティングされていました。オープン前にパルコカードに入るとオープン前のレセプションに参加できるとのこと。でもカードを作る暇もなく、本日行ってみました。御徒町だしそんな混まないだろうと思っていたら、その通りでした(笑)
10時開店よりちょっと遅れて着き、まずは「廚(くりや)otonaくろぎ」へ。芝大門に移転後くろぎさんにはお邪魔していませんが、湯島にある頃に3度ほど伺ったことがあります。東京の和食は私にとって、蕎麦や天ぷら、焼鳥という専門店以外さほど興味がなく、人気店は予約が取れないのでほとんど行くことはありません。くろぎさんはその中ではまだ伺っているほうかもしれません。ただ和食そのもののより、質の高い甘味がいただける東大内にある「厨菓子くろぎ」のほうが好き。GSIXのくろぎは軽食メインのようですのであまり伺う気がせず、カフェ&バーというコンセプトのこちらのお店に注目していました。
パルコヤは上野松坂屋と地下などでつながっていて、地下のみが松坂屋で靴や雑貨のフロアになっています。1階からは西武系のパルコという作りは面白いですね。6階までがパルコ、7階はTOHOシネマ。日本橋のTOHOシネマも十数分と近かったけれど、さらに近所にシネコンができたのはわが家にとって福音です。
「廚otonaくろぎ」は、くろぎ創業の地、台東区に店の名を残しておきたいというくろぎさんの思いで作ったそう。ちなみにくりやの字は、なぜか東大の店とこちらとで少し違います。何か意味があるのかしら。隈研吾氏デザインの店舗はひとり用のソファ席、テーブルソファ席、スタンディング席に分かれていて、中央通りからも気軽に入れるようになっています。
メニューはそう多くない代わりに、お酒メニューは結構充実しています。東大の店のほうにないものはパフェだそうで、抹茶パフェをオーダー。こっくりアイスが苦手でパフェ嫌いの私ですが、生クリームなどの余計なトッピングがなくなんとか完食できました。甘さ飽きしないように、ブブあられ?のような小さなあられが所々はいっているのも良かった。下のほうはゼリーなどが入っていて私でも味が薄いと感じたのだけれど、そこで活躍するのが別添えの黒蜜。よく考えられています。
隈研吾デザインは好みが分かれそう。昼でも夜の雰囲気でちょっとエロティックです。夜中2時までやっているというのも嬉しい。夜の早い夫が寝静まった頃、抜き足差し足、忍び足・・・とここまで来ちゃうことも可能(^^)。大好きな安心院スパークリングもいただけるようで、バーづかいも楽しみです。
これからしばらくはそうだと思うのですが、待ちに関しては行列なしの電話呼び出し方式。私は10時すぎたところで3人待ちだったので、その間他のフロアを見ていました。オニツカタイガー、エルベシャプリエ、日比谷花壇、アネモネ、ナチュラルハウス、あたりが私的に嬉しいショップ。まだ見ていないところもあったのでもちろんこれからじっくり拝見予定。GSIXのように広く動線が悪いことがなく、使いやすそうです。
6階はレストラン街。内覧会に行った友人から「うえのやぶそば」が一番人気だったと聞いていました。アメ横そばの上野藪そばは、近いのですが割と混んでいるので一度行ったきり。でもとても良い店です。ここは初めての出店で、そば粉のガレットが話題になっています。
無難に美味しい地元焼肉の陽山道も出店!
ここは知らなかったけど、地元のワインバルようです。そのうちいってみるつもり。
あとは金沢のお寿司や北海道の洋食、仙台の牛タンなど・・・うーんさほど食指うごかずですが銀座アスターができたことはジミに嬉しいかも。
というわけで、空いていたのでうえのやぶそばへ。
小さなおそば(せいろやかけなど色々選べる)に小さなお丼の「鴨焼」を選びました。ご飯は残しましたが鴨焼をつまみにおそばをいただきました。軽くいただけるのがありがたいですね。このあと、アネモネでプチプラアクセとヘアクリップ、ヴィノスやまざきでワインの福袋を買って帰宅しました。
わが家からの夕暮れの景色。正面あたりに見える背の高いビルが、パルコヤのビル。上のほうはオフィスになっているのでしょうね。どんどんビルが建っていき、12階からでもかなり眺めが悪くなってきているのが残念。でもでもやっぱり便利なこの場所が大好きです!
一昨日は特別展運慶へ。その話に続きます!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.