画像: ロウリーズ・ザ・プライムリブ(赤坂)

ロウリーズ・ザ・プライムリブ(赤坂)

1938年にビバリーヒルズで創業された、
老舗ロースト料理店「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」が、
ついに先日、赤坂に帰って来た。
アメリカ大使館近くの新しいビル、インターシティ・エアの3階。
200席もの広いフロアは大人の雰囲気で圧巻。
さて、店名の「プライムリブ」の「リブ」が、
牛のあばらの部位の肉であることはご存知だろうが、
「プライムリブ」について、
その歴史と意味をしっかり答えられる人は、どれぐらいいるだろう?
改めて説明すると、この店では、ローストビーフのような肉料理が名物だが、
プライムリブとローストビーフは、似て非なるもの。
そもそもローストビーフは、イギリスで日曜の午後に食べられて来た伝統料理。
アメリカは当然、イギリス文化をうけついでいるから、
ローストビーフは、アメリカの食文化でも重要なポジションをしめている。
ラスベガスのホテルなどの豪華ビュッフェには、ローストビーフが欠かせない。
「プライムリブ」とは、言わばアメリカ版ローストビーフで、
サーロインと並ぶ極上部位リブ(あばらの肉)を、
ステーキのように厚切りで提供するのが特徴。
プライムリブという部位があるわけではない。
プライムリブを「薄く」カットすればイギリス風ローストビーフとなり、
この店でも「イングリッシュカット」として提供している。
この日は、カリフォルニアカット(約180g)をオーダー。
イングリッシュカットは薄切りが3枚で約190g、
ロウリーカットが本場と同じサイズで約300gとのこと。
そんなアメリカの伝統料理を、
ディズニーランドのレストランを彷彿とさせる、
古き良き時代の雰囲気のなか、
サンダーバードのようなカッコイイ銀色の素敵なワゴン調理台を押して
シェフが各テーブルにやって来る。
カットする様子をパフォーマンスとして見せてくれるところが何とも楽しい。
まずはスピニングサラダ。
サラダボウルを回転させながら、
高い位置からドレッシングを注いでサラダにかけるパフォーマンス。
これが冷え冷えで、美味い。
そして、プライムリブ。
マッシュポテトと、オリジナルのグレービーソース。
そこにホースラディッシュや、塩をからめながら。
大きな塊のまま2~3時間かけて火入れされた、
柔らかく肉汁たっぷりのプライムリブは、
薄切りのローストビーフとはまた違った食べ応えと美味しさだ。
柔らかくて、ジューシーで、肉の旨みが口で爆発する。
重めの赤ワインと合う、超ぜいたくな味わい。
マッシュポテトと、ヨークシャープディングという、
シュークリームの皮のようなイギリスの伝統的家庭料理と合わせていただくと、アメリカ人かイギリス人にでもなったような気分(笑)
ちなみに、サーロインもリブロースも、
ヒレの周りの極上部位のことだが、
ステーキならサーロイン、ローストビーフならリブロースが向いてると言われる。
デートやファミリーのお祝いディナーにおすすめ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.