画像: 「富山・絶景ツアー 和洋旬菜新(あらた)と糸庄のもつ煮込みうどん」

「富山・絶景ツアー 和洋旬菜新(あらた)と糸庄のもつ煮込みうどん」

夜はみんなで富山の味覚!
和洋旬菜 新(あらた)は富山のグルメを存分に食べられるお店でした!
のどぐろ、白エビ、ばい貝などなど・・・。
上品な味付けでいいお店でした。
山陰と食べ物は似てるんだけど、やっぱりどこか違うとこもある。
魚の呼び方とか味付けも。どことなく洗練されてるっていうか京都の味が入り込んでいるのだろうか。
ゲンゲが出てきて、「ばばあ(山陰での呼び方w)」の話題で盛り上がりました。
里芋の揚げ出しがいい!
旅の途中、里芋畑をよく見てたんです。
---
みんなと分かれて別行動。
糸庄のもつ煮込うどんを食べるためタクシーに乗り込む。
目指すは「越州」です。それで通じます。
古民家風のお店でした。お客さんはほどほどで、男性ばかりでした。
食券制。
かにや牛肉、天ぷらにも勝るお値段。
もつ煮込うどん850円を押します。
そうかぁ~テイクアウトもあるんだね。
さて目の前にはぐつぐつと煮込まれたうどんが見えます。
うどんに具を並べて出汁を注いだら火にかけています。
どうやらもつにたれが絡ませてあるらしく、これににんにくがしっかり効いていて
パンチのあるうどんになっています。
お玉は使わずに、フタだけで具を煮込んでいく技。
相当熱いはずなんだけど、おじさんの独特のリズムや構えがところどころに入りながら、
次々と出来上がっていきます。
目の前の木製鍋敷きはすでに経年変化して、へこみがありますね。
きーたーよーーー!
湯気がぼわわわーん。
ぐっつぐつです!
富山独特のかまぼこもー。うれしー。
野菜、きのこ、海老天、かまぼこなど。出汁は味噌仕立て。唐辛子も入っています。
そして主役のもつの量がすっごい。多い。
麺はお餅みたい!
とろとろで平打ちです。
出汁を吸って最高の状態でっす。
これが富山のソウルフードか...。
寒い季節には最高でしょう!
お店の方もとても親切。
お忙しいだろうしハードだろうけど、頑張ってほしいお店です。
次は教えてもらった「丸一」にも行こう。富山はいい街だな~。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.