画像: 辛会!鉄板・中華料理 遊猿 (ユウエン)@四谷三丁目

辛会!鉄板・中華料理 遊猿 (ユウエン)@四谷三丁目

どうも!
激辛マニアの姫です。
先日、
アートディレクター秋山具義さんと、
「あいのり」に出てた人気ブロガーの桃ちゃんと、
大食いアイドルもえのあずきちゃんと、
辛会がありました。
具義さんが、
こちらのお店を予約してくださいました。
トゥ
『遊猿』外観
四谷三丁目にある中華料理店です。
こちらは、予約困難な青山の鉄板中華『シャンウェイ』出身のシェフが
独立開業したお店です。
お通し
この日は「うにゆば」が供されました。
ムース状の湯葉に紹興酒で漬け込んだ雲丹を合わせており、
これが次のお酒に相性抜群でした!
紹興酒
紹興酒漬けには紹興酒を♪
熟成8年ものの飲みやすいタイプでした。
前菜盛り合わせ
酔っぱらい海老、戻りカツオのタタキ香味ソース、
ホタテの葱生姜和え、豚肩ロースとカシューナッツの黒酢和え、
稚鮎の青のり山椒、牡蠣の麻辣オイル漬け、和牛イチボの山椒ソース
の7種をご用意いただいた。
前菜っていうか、既に盛りだくさんです。w。
紹興酒、唐辛子、山椒、黒酢など、素材に合わせて使い分け、
味の広がりを楽しめました。
空心菜の腐乳炒め
ニンニクの風味と塩味でパンチを出したのと違って、
腐乳で濃厚さがありました。
大餃子
ネーミングを裏切らない大きな餃子。
大きいのに、人数分+もえあずちゃんの分をもう1個頼みました♪
『シャンウェイ』も大きかったけど、さらに大きい気がします。
自家製の厚みがある皮に具がぎっしり入っていました。
サラダ仕立てなところは、修行先と変わらないですが、
こちらのは上にたっぷりパクチー(香菜)や生姜等の薬味を載せてました。
それが、ボリュームがあっても飽きの来ない味としてまとまってました。
やわらか蒸鶏 半羽
しっとりと蒸しあがった鶏肉で、
シェアするのに柔らかくほぐれやすく、
お魚を丸ごと使うお料理にも合う味付けでした。
毛ガニの中華おこげ
目の前で餡をおこげの上からかけ、ジュウっとした音がなりました。
食欲をそそるサウンドを聞いた後、実食!
蟹と白菜のやさしい餡それに香ばしいおこげにからみ、
見事な融合でした。
四川麻婆豆腐
山椒の痺れがありつつ、
激辛好きの姫には、お手柔らかな感じの仕上がりでした。
やや硬めのお豆腐に餡がコーティングされ、コク旨テイストでした。
毛沢東スペアリブと記念写真
キタ――(゚∀゚)――!!
これも、『シャンウェイ』で人気メニューの一つ。
こちらのは、パクチー(香菜)もふりかかってました。
食べごたえあるこのお皿を囲い、
せっかくなので、記念撮影しました♪
(著名な皆様の中で、姫ったらういてますね)
一人1本ずつ、かぶりつき、このスパイシー&ジューシーなお肉を楽しめました。
辛いだけでなく、旨味もある中華で、
人気の理由がわかりました♪
四谷にて 人気料理と 人気な方々 ~姫心の俳句より~
遊猿のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.