画像: カレーですよ4361(札幌発寒 アジトハチャム)スープカレー。

カレーですよ4361(札幌発寒 アジトハチャム)スープカレー。

なんだかどうして良いかわからないまま、札幌にたどり着きました。
うーん、やっぱり気持ちが高ぶっていたのでしょうね。苫小牧港に20時過ぎに降り立ち、まずはカレーとしゃれ込んでみよしのへ。それで苫小牧泊まりにして1日苫小牧に使うべきだったんですが、いきおいで道央自動車道に入り札幌までえいやと移動してしまったのです。
カレーですよ。
なんとなく気が乗って道央道を飛ばして1時間、苫小牧からさっさと札幌までやって来ました。みよしので餃子カレーを食べたのですが、なんだか使命感と焦燥感に駆られて初日!スープカレーも行っとけよ、という感じになって。
札幌にはいくつか、深夜早朝までやっているスープカレーの店があります。
ここ、
「アジトハチャム」
は土曜日は26時までやっています。ありがたいなあ。助かるなあ。
だいたいにおいて、まず北海道の地理がわかっていない。土地勘がない。そういう状態ですが、iPhoneで店を見つけて位置の見当をつけて乗り込みます。だから、発寒という場所がどこにあるのか、なんとなく知っている狸小路や札幌駅あたりとどういう位置関係か。札幌においての発寒のポジションがわかってない。
iPhoneの地図で見ると、発寒という町は札幌の端の方、海寄りの石狩市に近い場所でした。大通公園駅からクルマで20分ほど、手稲の手前という場所で行くのに大した苦労はありません。
このアジトハチャムというお店。
発寒北商店街というこの町の商店街の事務局兼店なのだとか。あ、ほんとうだ。店に入ると左手にこの時間は電気が消えていますが、確かに街の案内所的なコーナーが設けられています。
地元密着もいいところ、というのが気に入ったのでした。
さて、注文です。
「チキンベジタブルカレー」
にして、スープ種類はレギュラースープ、辛さ3(オススメ)、ごはん少なめ、というチョイスにしてみました。
ご主人が物腰柔らかい感じのいい方。少し時間をおいて出来上がったスープカレーを持って来てくれましたが「ごはん少なめ忘れて盛っちゃいました。食べてください」といってくださいました。
さてこのスープカレー、うっすら粘度がつく褐色のスープです。香味野菜と道産の親丸鶏から8時間かけてとったスープだとのこと。コク深く、スパイス強めで印象的ですね。爽やかな苦味で後味も軽やか。王道を行く札幌スタイルとお見受けしました。
具材もいろいろ豊富です。
このスープカレー、メニューに「スプーン一本のみで食べられる」というのを標榜しています。
丸々一本入ったチキンレッグはなるほど、骨離れよくスプーンで切ることもできるんですよ。
また、じゃがいもはストレートな素揚げではなくマッシュポテトで入っています。これまた無理なくスプーンでいける仕様だね。
このマッシュポテトをカレーで溶くと粘度が上がって面白いのです。
ああ、なるほどこういうアイディアは好きだねえ。
ヤングコーンが酸っぱく仕上げてあるのが面白かったです。
厚揚げも入ります。これまたなかなかよろしい。
ごはんは古代米、黒米をブレンドしてあって香りがいいですね。テーブルに粒の荒いシーソルトが置いてありミルで挽いてごはんにかけることを推奨されていました。ごはん単体でも美味しくいけてしまって困るなあ、これ。
お冷までもが還元水使用とこだわりが細部にわたります。
スープカレーは簡便な料理ではないですよね。手間もかかるし愛情込めないといいものにならない。だからかたやみよしのの300円台のカレーもある中、1000円越えでも価値観、存在感があるんだろうなあ。
そして簡便でないだけではなく、受け手のお客さんも時間をかけて食べていくものだとも思うのです。けっしてかきこむものではないのですよ。味の変化や具材の一つ一つを楽しみながら食べ進める。だからこその価格と価値なのだねえ。
札幌でスープカレーを食べるという行為からそんなことを思った夜でした。
これはしかし、いきなり食べ過ぎだな。
さて、眠る場所を探さねば。
#カレーダンニャバード #カレーツーリズム
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字に書き換え願います)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.