画像: ピッツェリア恭子と世界一のジェラートがコラボします♪

ピッツェリア恭子と世界一のジェラートがコラボします♪

本日のピックアップフォトは戸越銀座のピッツェリア恭子でいただいた夏の終わりのピッツァ・エスターテです。トウモロコシやズッキーニなどの夏野菜がたっぷりで、オリーブやバジルでアクセントを付けたとても旨いピッツァでした。
10月5日から町田東急ツインズ1Fで開催される「イタリアフェスタ」では、このピッツァエリア恭子と北海道の網走にある人気のジェラテリア「リスの森」のコラボが実現します。
この「リスの森」が今年10月1日に、シチリアで開催されたイタリア最大のジェラートフェスティバルで優勝して世界一になったばかりなので、詳しくはこの後の本文でご覧ください。
その他のお料理やこのピッツァの詳細はこの後の本文でどうぞ!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
いよいよ明日10月5日から町田東急ツインズイースト1Fでイタリアフェスタ始まります!
ワインと共に楽しめるイタリア好きが喜ぶラインナップを揃えたのでバール感覚で楽しんで下さいね。
戸越銀座のピッツェリア恭子は、このブログでは何度もご紹介しているので、今更説明は不要でしょうが、今年の1月にOPENしてから口コミサイトへの掲載や、テレビ、雑誌などの取材を全て断りながら、多くの食通や有名人の間でも話題になって、ある意味謎の店として注目されています。
今回の最初の一皿はトレンティーノ地方の林檎とクルミのオーガニックサラダです。
この店のこだわりはオーガニックなので、とても力強くて旨い野菜が楽しめます!
陽平シェフがこれに合わせた、青リンゴの香りのするワインを用意しているところがニクイです。
この「ピッツェリア恭子」は、リストランテとしてもかなりレベルの高いお店なんですよね!
次はフレッシュなポルチーニとトリュフを贅沢に使った窯焼きオムレツ。
薪窯で仕上げるから外がカリッとして中がふんわりとしたオムレツは、ポルチーニとトリュフでワインが進む君です(笑)。
ここで恭子さんがピッツァの準備を始めました。
恭子さんの生地伸ばしの動きには優しさと力強さがあってずっと見ていても飽きませんね。
一枚目は `Nduja(ンドゥイヤ)とチッチョリとリコッタチーズをトッピングしています。
ピッツァを焼くときの恭子さんの表情は、普段の優しい表情から職人の顔になります。
焼き上がったピッツァに、味の濃いオーガニックのルッコラをトッピングした僕好みのピッツァでした。
このお店はワインもビオワインで美味しいのが揃っているんです。
そのチョイスも戸越銀座という下町のトラットリアやピッツェリアではないリストランテのチョイスです。
お手頃な価格で楽しめるモノから高級ワインまでワインセラーに揃っているのが凄い!。
2枚目はロッソ(トマトソースを使うピッツァ)で、お任せにしました。
夏の終わりを惜しむようにトウモロコシやズッキーニ、オリーブをトッピングしたピッツァです。
パーラに乗せたら薪窯に投入して焼き上げます。
450度から500度にもなる薪窯で1分半弱で焼き上げます。
壁のタイルは、イタリアのタイル職人に頼んで、200年前のイタリアのキッチンで使われたタイルのデザインを復刻して貰ったそうです。
トップの画像で紹介した夏の終わりを惜しむピッツァ・エスターテの完成です。
生地と野菜が旨いから、チーズを使わないピッツァもしっかりと素材の旨味を楽しめます。
そして、ある意味麺食い党の僕にとってはどうしても食べたかった陽平シェフのカーチョエペペを作って貰いました。特別に目の前で仕上げてもらいましたがチーズとパスタを混ぜる早さと乳化させるテクニックが凄いです。
僕はカーチョエペペが大好きで、あちこちでカーチョエペペ食べ歩いていますが、最近ではこの陽平シェフのカーチョエペペが一番のお気に入りです。
パスタは浅草開化楼のトンナレッリロマーナを使っているので歯応えも小麦の旨味も楽しめます。
そして、これも町田東急ツインズイースト1Fのイタリアフェスタでシェフの気まぐれで作ってくれそうです。今回のイタリアフェスタに遊びに来て、このカーチョエペペを作り始めたら即買いですよ!
食後のデザートに盛り合わせてくれた、モンテビアンコ、ティラミス、トルタカプレーゼは、どれも最高に美味しかったです。
モンテビアンコの中には栗が丸ごと入っていて、その食感に驚きました。
食後にエスプレッソをいただいてから、この店のもうひとつの名物「ジェラートエスプレッソ(ソフトクリーム)」をいただきます。ピッツェリア恭子初心者は、このソフトクリームの美味しさに驚きますよ。
北海道の網走にある「リスの森」のミルクに惚れ込んでこの店で使っています。
最後に今回のランチにご一緒していただいた僕の大好きなカフェアヂトの店長とスタッフのつるりんも一緒に記念撮影です。
素晴らしいランチご馳走様でした。
イタリアフェスタ開催直前にイタリアから「BIG NEWS!」が届きました!
「リスの森」も参加して、シチリアのパレルモで開催され4日間で20万人を動員したイタリア最大のジェラートフェスティバル「Sherbeth Festival2017」で、今年は48名の世界のジェラート職人が腕を競って、10月1日にリスの森のジェラートが見事に世界一に輝いたそうです!
網走の「リスの森」のジェラートが世界一に選ばれたことは、イベントに出て頂けることを抜きにしても、日本人として最高に嬉しく誇りに思います。
そして、世界一になったばかりのリスの森の高田さんが、イタリアから慌ただしく帰国して、イベント初日に会場に来てくれるそうですよ!!
もしかしたら、世界一になったばかりの大会用のジェラートもイベント期間中に特別に販売してくれるかもしれないので町田東急ツインズイースト1Fのイタリアフェスタにご注目くださいね。
期間:10月5日(木)~10月11日(水)
町田東急ツインズ イースト1F「レ・シ・ピ 町田」イタリアフェスタ開催♪。
*町田駅からデッキで繋がっています!
出店者と主な商品一覧
戸越銀座「ピッツッェリア恭子」
リスの森のジェラートを添えたチョコレートと完熟バナナのデザートピッツァ:500円(1/6カット)
ドルチェピッツァ以外にも、自慢のクアトロフォルマッッジやマルゲリータ、陽平シェフの日替わり料理なども提供予定なのでご期待下さいね。
高津「Trattoria BUBU」
山本シェフのイタリア郷土料理の前菜盛り合わせは好きなものを選べます。
何を食べても美味しいので、ここの前菜盛り会わせでシチリアの白ワインでも飲みながら、「次は何を食べようか?」と作戦を練るのが楽しいですよ。
シチリアのドンナフガータなど、通常小売りをしていない入手困難なワインも会場限定で販売されるのでお楽しみに♪。
渋谷「SHIBUYA CHEESE STAND」
毎日開店前から行列が出来る「渋谷チーズスタンド」が町田に初出店です。
今年6月に開催された国際チーズコンクール「Mondial du Fromage Mondial du Fromage 2017」で銀賞に輝いた「東京ブッラータ」は渋谷の工房で作られるフレッシュなチーズ♪
1日の製造量には限りがあるので、会場に着いたらまずゲットしてくださいね!
他にも出来たてのモッツァレラチーズやヨーグルト、ワインなど色々販売されるのでお楽しみに。
向ヶ丘遊園:サンジョルジョ
向ヶ丘遊園で毎日満席のサンジョルジョは中山にあるダ・テレーサの2号店!
今回は篠田シェフがイタリアのジェノヴァで修業時代にマンマから教わったレシピで、黒毛和牛のランプを超粗挽きにして二日間煮込んだ特別なミートソースのラザニアですよ。
藤沢:ラ・バレーナ
町田から小田急線で30分弱で行ける湘南の藤沢から「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015」にビブグルマンとして掲載されたラ・バレーナ(LA BALENA)が参戦します。
ちがさき牛は茅ヶ崎北部にある斉藤牧場が育てるブランド牛です。
赤身が美味しく脂がしつこくないのが特徴で、生産量が少ないため都内にはほとんど出てこない湘南ブランド牛をイタリアスタイルのステーキで楽しんでもらいます!
VESTRI:チョコレート
イタリアのVESTRI社は僕も大好きで、毎年新作発表会にお邪魔するほどです。
近年「ビーントゥバー」と呼ばれる、カカオ豆を買い付けて加工から、チョコレートまでを自社生産をするお店が増えてきましたが、このVESTRI社は「ファーム・トゥ・バー」です。
ドミニカ共和国に自社農園を持ち、農薬などを使用しないカカオ豆を生産して、イタリアの自社工場でチョコレートにしていく姿勢は美味しさにも表れているので多くのファンを持つブランドです。
今回は通常3個セットなどで販売されるアンティカジャンドゥイアミニを、特別に単品で販売してくれるので、セットで3千円超えるのは迷うけど、千円位ならお試しで買ってみよう、という方にピッタリです。
付属の金のスプーンですくってそのまま食べても良いし、パンやビスケット、フルーツなどに付けて楽しんだり、珈琲やミルクに溶かして飲んでも美味しいですよ。
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
ピッツェリア恭子 passione e amore
TEL:03-6451-3529
住所:東京都品川区戸越1-19-24
交通手段
都営浅草線戸越駅徒歩6分
東急池上線戸越銀座駅徒歩8分
戸越駅から354m
営業時間
11:00~14:30(L.O.)
11:00~14:30(カフェタイム)
17:30~22:00(L.O.)
ランチ営業、日曜営業
定休日:1ヶ月程度は不定休
予算:ランチ1200円
クレジットカードは申請中ですが1ヶ月程度は不可
席数:24席 (カウンター8席、テーブル16席、立ち飲みカウンターあり)
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
カウンター席あり、ソファー席あり
携帯電話
docomo、au、SoftBank、Y!mobile
ワインあり、ワインにこだわる
野菜料理にこだわる
お祝い・サプライズ可、テイクアウト
ホームページ
https://www.facebook.com/pizzeriaKyoko/
オープン日:2017年1月25日
町田東急ツインズイースト1F「レ・シ・ピ 町田」
東京都町田市原町田6-4-1
*町田駅からデッキで繋がっています!
TEL 042-728-2111
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.