画像: フランス大使公邸で開催「フランス・熊本 美食の夕べ」〜食で繋がる日仏友好を体感

フランス大使公邸で開催「フランス・熊本 美食の夕べ」〜食で繋がる日仏友好を体感

9月27(水)フランス大使公邸にて「フランス・熊本 美食の夕べ」にお招き頂きました。https://jp.ambafrance.org/-Japonais- ローラン・ピック駐日フランス大使と記念に2ショット。と思っていたら、嬉しいことに後ろからくまモンちゃんもご一緒してくれていました♪笑熊本とフランスは1992年から30年以上に及ぶ絆があります。今年2017年は、くまモンがフランス観光親善大使に任命され、この7月にも渡仏され観光PRをされるなど、一層絆が強まっている年のよう。「美食の夕べ」開催前に、大西一史(おおにし かずふみ)市長自ら、ローラン・ピック大使に熊本食材や熊本のお酒をご紹介されました。大使が熱心に聞き入っておみえです「熊本ふれんずプロジェクト」のご協力のもと、素晴らしい熊本食材がもりだくさん!個人的にも大好きなさつまいも「紅はるか」「シルクスイート」や、「水前寺菜」、「新しょうが」など「クリーミーなす」、「肥後むらさき」など大きななすや、「秋映えりんご」、ぶどうは、こ〜〜〜〜んなに長くて大きい! 熊本市北区「次園」さんの見事なぶどうですこれらがシェフの技で華麗に変身していきます。今回は大使公邸専属のマルタン・シェフと、パリでご活躍で熊本ご出身の手島竜司・中山豊光シェフがお料理を御担当されます。素敵なコラボ!パーティー開催前のミーティング。ホールの皆様とも連携し入念なチェックさぁ!くまモン、ひこまるくんもいらして、お客様をお出迎えし「フランス・熊本 美食の夕べ」がスタート〜大使公邸はアッという間に大勢のお客様でいっぱいに最初にローラン・ピック大使からご挨拶がありました「フランスガストロノミーの卓越・伝統・創造と掛け合わせた熊本の極上食材を堪能できる夕べに、私自身もとても楽しみです。フランス ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.