画像: 「新大久保 DOMO CAFE(ドーモカフェ)グランドオープン!」

「新大久保 DOMO CAFE(ドーモカフェ)グランドオープン!」

今年の夏、台湾出張があって、色んなコーヒーを飲んだんですけどね。
いよいよですよ、
いよいよ、
台湾でめちゃ人気の「Fika Fika Cafe(フィカフィカカフェ)」が東京に!ということでグランドオープン行ってきました。
よく話を聞いてみたら、ここ、その台湾あれこれっていう以上になかなかいいもの揃ってました。
ここは日本と台湾のハイブリッドなんですよね。
台湾の「Fika Fika Cafe」と日本・京都の「カフェヴェルディ」のコラボレーション。
滞在型宿泊所とカフェのコラボ。でもあります。
台湾でFika Fika Cafe行ったとき、ちょっとびっくりしたんですよ、そのお値段にね。
日本よりもずっと高い。
でもお話を聞くと台湾の中においては、
”例えば私たちがホテルラウンジでお茶を飲む” のと同じように特別な事らしいんですよね。
だから高くても当然だよと言われたら、納得。
もちろんそんなお店は、こだわりかたが半端なく、豆選びからスタートし、自家焙煎&ハンドドリップは当たり前な専門店に限りますけれど。
話が少し逸れちゃいましたけど、このドーモカフェなんですけどね。
そんなコーヒーがとーってもリーズナブルでした!
ふう、びっくり。
コーヒーは相変わらず美味しいですし、空間も良かったです。
それはここが宿泊できる施設のカフェとしても存在しているから。
近かったらめちゃいいのにー。
Wi-Fiも電源もあったよー
ちょっとグレイイッシュなピンクとグリーンのテーマカラー。
2色。
器はオリジナルで、カップは樹ノ音工房。お皿は庄司千秋さんの作品。
国も2つ。
コーヒー専門家も2人。
空間も2つ。いろんな2つがここで出会い混じり合う。
素敵なことじゃないですか!
過ごしやすさも重視されていました。
もしかしたらこちらが目玉になるのかも?
パンは京都「進々堂」。あんこと求肥が入った小倉ホットサンドです。
レシピはカフェ・ヴェルディのものそのままで、東京で食べられるのは貴重です。
そうそう、メニューにはないのですが期間限定で、台湾で作られたコーヒー豆のコーヒーが
飲めるみたいです!!!
これも相当な目玉になりそうです。
この台湾コーヒー関しては私もかなり興味あって、ちょっと落ち着いたら行ってみたいなと思ってます。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.