画像: レストラン講座@GINZA SIX『THE GRAND GINZA』

レストラン講座@GINZA SIX『THE GRAND GINZA』

こんにちは。 先日のことになりますが......主任を務めている『winelover』ワールドワインクラスの最終回となるレストラン講座が開催されました。 今回の会場は、今年4月にオープンした注目の商業施設『GINZA SIX』の最上階のレストラン『THE GRAND GINZA』同店では、47都道府県の魅力ある食材を使ったオリジナリティあふれるモダンフレンチを楽しむことができます。ダイニングにラウンジ、個室やバーなど、空間演出も多岐に渡っているのですが、木曜日クラスは趣ある和の設えが印象的な個室をご用意いただくことができました。 齋藤シェフの洗練されたお料理に合わせるのは、田辺先生がセレクトしてくださった、世界で注目されている旬なワイン達☆銀座の夜景と共に、世界を巡るワインクルーズを楽しみました。 さっそく、今回いただいたお料理とワインのマリアージュをご紹介したいと思います! Grace Extra Brut 2012乾杯は、中央葡萄酒がトラディショナル方式で造るシャルドネ100%の希少なスパークリングワインで。デキャンタのWorld Wine Award 2016でプラチナ賞とベストアジア賞を獲得し、世界の注目を浴びるようになった日本が誇るスパークリングです。生産本数が3000本にも満たないうえ、需要はうなぎのぼり。なかなか手に入り辛くなっています。 そんな貴重な泡に合わせていただいたのはコチラのアミューズ 3種のグージェール(生ハム、クリームチーズ、海老アボカド) グージェールの生地の香ばしさ、生ハムの塩味、クリームチーズのまろやかさ、アボカドのバターのようなコク......食材の持つ様々な要素が、スパークリングワインのリッチな酸とミネラル、クリーミーな口当たり、樽熟成によるふくよかさ、そして瓶内熟成による香ばしさと同調し、食欲を増進させてくれました。 そして我々は日本を出発し......いざドイツはファルツへ。仏アルザスと隣接し、フランス側にも畑がまたがっているという稀有なワイナリー、フリードリッヒ・ベッカーのロゼを。 Becker Petit Rosé 2015自己所有する森の木のオークを使い、自然に根ざした農法を実践するなど、独自のアプローチでワイン造りを行っている造り手。今やドイツのピノ・ノワールのトップ生産者にのぼりつめています。 ロゼワインはもともとベッカー氏が自家消費用に造っていたもので、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)にポルトギーザーがブレンドされています。美しく凛とした酸や、芯の通ったミネラルに加えほんのり旨みを伴う滋味深い余韻や複雑味も感じることができます。 こちらに合わせて楽しんだ前菜は...... 岩手県産ブリとサーモンのラビオリ仕立て 八幡平の紅葉のイメージ鮮やかでアーティスティックなお皿が目の前に登場するとわぁっと、嬉しい歓声が。オレンジ、ピンク、イエローといった紅葉をイメージした色調が深まっていく秋を感じさせてくれます。 そこに寄り添うのが美しいサーモンピンクのロゼ。野菜のフレッシュさや、サーモンやビーツの美しい色彩に心地よくワインが溶け込んでいきます。ストーリーを紡ぐような抒情的なマリアージュを楽しむことができました。 さて、次に飛んだのは......トレンディなワイン産地のひとつでもある南アフリカ。西ケープの‟エルギン”という標高が高く海に隣接している場所に位置する畑から生まれる、「南ア最高峰」と言わしめるシャルドネが登場です。 Richard Kershaw Elgin Chardonnay Clonal Selection 2015 こちらを手掛けるリチャード・カーショウはイギリス出身の元シェフで、世界で最も難関と言われるワイン資格「マスターオブワイン」を保持していることでも有名。2012年がファーストヴィンテージという歴史の浅い造り手ですが、数年でスターダムに躍り出た名手です。 ワインは心地よいタルのボリューム感があ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.