画像: 「おいしい益田を新発見。絣のお刺身、じょう一の一寸法師定食、SakeLabo暢ぺの和牛カツレツ」

「おいしい益田を新発見。絣のお刺身、じょう一の一寸法師定食、SakeLabo暢ぺの和牛カツレツ」

今回ますます益田ツアーのお店チョイスがとっても良くて、どこのお店も美味しかった!
益田はお店の数が山ほどあるわけじゃあないんですが、ひとつひとつのお店のクオリティが高い。
結構いいお店がある街として周囲からも認識されていることもわかりました。
益田はおいしい街なんです。
まずは駅前の「絣(かすり)」。
トップ写真もこの絣で出てきたアユ!天然アユ!清流日本一の高津川のアユ!
ここのお刺身最高に美味しかった。
どのネタも新鮮でピッカピカ。
いいお魚を選別されていらっしゃいました。
わかめがおいしいおいしいと、うちらの中で話題に。
チキンカツは1枚から注文可。でも1枚じゃ足りないかも。
ふわふわでやわらかカツ。
島根鳥取だけでなく、全国の日本酒が勢ぞろい。
こっちもすごくいいチョイスされてて、毎日でも行きたい。
最後は五穀米おにぎりでシメ。
いいお店でした。また次回もここ行きたい。
---
じょう一(いち)はランチで訪問。
益田を車で走っていると結構看板を見かけるんですよねー、じょう一(いち)。
高台になったじょう一からは海が見えます。
なぁんとここでやってきたのは「一寸法師定食」。
大きさがわかるかなぁー
大きなお椀を前に、自分が一寸法師になったみたいな感覚になるっていうことなんです。
目の前の視界を塞がれるような感覚...。
一寸法師はこんな気持ちなのねいつも(笑)
持ってこられた瞬間の「わああ!」っていう盛り上がりがあります。
大きなお椀だから器だって入っちゃうんだかんね!
キレイなお料理なんですけど手作り感があって色んなものを食べられました。
デザートもいただき。
黒糖のプリン。
そしてこのお店のオリジナル米粉のカステラ。
ふわんふわんでおいしかった!さっぱりしてるところもいい。
パッケージも素敵で手土産にも使えます。
---
最後になってしまいましたがSakeLabo暢ぺ。
益田の飲み屋街に位置しています。ぱっと見るだけでも雰囲気違うのですぐわかります。
おしゃれです。
江津市にある「石見麦酒」のクラフトビールが揃っていました~!
日本酒も揃っていました~!
お刺身からスタートしまして。
ここで食べるべきなのはローストビーフ。
やあらかああぁい。
追加でオーダーした牛カツも素晴らしかった。
居酒屋だけど洋風メニューも多くて、イタリア風カツレツが出てきた。
ポテトチップスも自家製で。薄くてパリパリおいしいです。
実力派のお店って感じ。
益田、レベル高いじゃないか!
お店巡り、もっとしてみたいなーーー!
*番外編*
駅前に屋台があって入ろうってことになって。
なんかドキドキだったけど、島根まで来て屋台入って。
もうほんとはお腹いっぱいなのにみんなで食べて。
思い出作りに来たみたいな、青春みたいな時間でした(笑)
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.