画像: JASMINE憶江南(中目黒)

JASMINE憶江南(中目黒)

広尾に「中華香彩JASMINE(ジャスミン)」という美味しい中華があるが、
その支店がここ。
店名の「憶江南」(イージャンナン)とは、
中唐の詩人・白居易が、江南の素晴らしさを詠んだ漢詩の題名、らしい。
上海、杭州、蘇州などに代表される中国江南地方の郷土料理を中心に、
広尾JASMINE の名物“よだれ鶏”や江南地方で親しまれる紹興酒を楽しめる。
中目黒と池尻の間の静かな場所。
かつてAWキッチンだったあの一軒家レストランの居抜きだ。 デートはカウンターに限る。
てことでカウンター席を予約しておいたのだが、そこは横並び4人がけで、
ほぼ個室ぽい。真空管アンプが故障中だったが、実に落ち着く空間。
前菜盛り合わせで出てくるジャスミン名物、よだれ鶏。
この甘辛いタレが最高。紹興貴酒のホットとめちゃ合う。
この料理のために生まれたお酒のよう。
写真、海老マヨと一緒に出てくる焼き餃子は、どんな餃子専門店よりも皮が丁寧で、
どんな高級中華よりも餡の旨味と複雑味がハイレベル。
よだれ鶏のタレを、この餃子のタレとしても使うよう薦められ、
これが想像越える相性。
茶碗蒸し風フカヒレスープも忘れられないが、
メインの「獅子頭」という名の大きな肉団子が名物らしいインパクト(写真下)。
上海醤油のソースが、程よい酸味と甘辛さで、噛むと驚くほどフワフワ。
なのに肉肉しくて美味い。 〆の鶏白湯ラーメンと麻婆豆腐も最高。
デートや合コンに超オススメ。
★お知らせ★
毎月26日発売、雑誌「GG」にて「死ぬまで恋するレストラン」連載中。
Amazonでの購入はこちら。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.