画像: HIBIYA BAR 25th Cocktail Competition にて審査員

HIBIYA BAR 25th Cocktail Competition にて審査員

昨日は、日比谷バー主催のカクテルコンペティションにて、審査員をさせて頂きました。 25回目の節目ということで、例年と趣向を変え、日本のカクテルを世界へ、をテーマに、食とのペアリングを考えたコーディネーションカクテルを考案。 80名の予選を勝ち抜いた33名が本日の決勝に進みました。メディア関係者も沢山いらしてましたよ。 一度に33種類のカクテルをいただくのは初めての体験! 私は、礼儀・身だしなみ、カクテルの見た目、味覚、サービス・プレゼンテーション能力、創作意図を審査。 バーテンダーの皆さんそれぞれに、今日の日の為にどれだけの練習を積み本番を迎えておられるか、を考えると、審査も責任重大です。 6分の時間制限があるなかで、650名の観客を前にステージ上でカクテルを完成させなくてはなりません。 皆さんの緊張が伝わってきましたが、創意工夫が感じられるカクテルの数々、目でも舌でも味わいながら審査させていただきました。 こちらのカクテル、お題は「月見酒」。 カクテルと料理のペアリング、当たり前の時代なのですね。勉強になります! 別会場では、スピリッツや日本酒の試飲もあり、審査のあとに少し覗いてみたところ、日本のオリエンタルなかっこよさを感じる演出で、さすがは日比谷バー 外国人の方々がもっと参加されていたらよかったのになーとも感じました。 サントリーから新発売のジン ROKUや、ボンベイ・サファイアのスペシャルバージョン、ヘネシーメアリー、ヴェルモットの飲み比べなどなど、色々試飲させていただき楽しかった ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.