画像: 浅草/久々に感動した焼肉店「肉のすずき」

浅草/久々に感動した焼肉店「肉のすずき」

あれだけ焼肉(それもホルモン)好きだった私が、お肉嫌いなオットに感化されあまり食べないでいるうちに前ほど食べたくなくなりました。逆にオットはアニサキス問題で魚がイヤになり、今はお肉にシフト(努力)中。※お肉とはもちろん牛肉を指します
さて、1ヶ月ぶりくらい?の焼肉(以前の私からすると考えられないインターバル!)は、前から評判を聞いていて、行ってみたかった焼肉屋「肉のすずき」へ。いきなり電話したのですが(今までもなんどもフラれてます)遅い予約の方のお席を時間制で使わせていただくことに。
冷蔵庫の扉(!)を開けて入ると中は小上がり中心で、このあたりの焼肉屋に多いスタイル。私も1人ながら広いお席へ。初めての焼肉屋では一番フツーのロース、ハラミをまずは頼みます。ちなみに私、タンには興味がありません。
ロースの厚みと色つや、綺麗な盛り付けに間違いないと確信。ハラミもまるでフレンチのように供されます。野菜が添えてあるのもいい。写し忘れましたが、小皿にはお醤油、レモン汁、ポン酢がセットされており、別にわさびと鬼おろしがきました。タレは使うときに卓上から小皿に入れます。鬼おろしはいいアイデアですね、
ミノです。彩り美しくレモンもさらに添えられています。仕事が丁寧でセンスがいい。フレンチか和食を経験されたか、さもなければかなり食べ込んで勉強されているのではないかと思います。味付けも完璧で、二軒目でなければもっといきたかった(笑)
周りのテーブルでは、冷麺やらピビンバのオーダーも相次いでいました。私もついついピビン麺のハーフを。運ばれてきたそのボリュームに、えっこれでハーフですか!?と驚くと、ほとんど野菜ですよと。
確かに野菜はたっぷり。でも食べ応えあり!辛さも程よく、またすぐにでも食べたい味。
実は全体にお値段に比してボリュームがあったので、お願いしてロースとハラミはよく焼き、持ち帰らせてもらいました。お店にもリスクが伴う持ち帰りは、こちらもすぐ食べるなど気を使う必要がありますね。
帰宅してお肉は細切りにして、オイスターソースとかき醤油、日本酒にしばし漬け込み片栗粉をまぶします。冷蔵庫のピーマンも細切りに。持ち帰りの野菜も活用して。。。
オットが帰宅したらチンジャオロース風に。素材がいいからめちゃ美味しい!ワインにもバッチリでした。
肉のすずきは料理はもちろん、感じよく丁寧なサービスも素晴らしいお店でした。必ずまたいきます。はす向かいには、オマージュ、一分ほどで愛するちゃこーるも。観音裏は名店揃いですね

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.