画像: とんかつ大門 檍(大門)

とんかつ大門 檍(大門)

蒲田は餃子の街として有名だが、一方で、とんかつ激戦区とも言われる。
蒲田とんかつ御三家と言えば、「檍」「丸一」「鈴文」。
中でも「檍」はNo.1人気。
檍と書いて「あおき」と読む。
とんかつ檍の支店が大門にある。
とんかつ定食に、カレールーだけ300円で頼んで、後半、ごはんとカツにかけるファンも多い。
ところで先日発売となった雑誌「pen」のカレー特集。
僕のおすすめカレーも掲載されているが、
p84のマッキー牧元師匠の、
「男にとって理想のカツカレーとはなにか?」にも注目されたし。
カツカレーがないとき、かつとカレーを頼む、あの贅沢さ。わかる。
蕎麦屋で天丼と蕎麦を頼む感じにも似ている。
そんな中、僕にとってカツカレーの理想の店がここ。
とんかつの名店で、あえて定食でなく、カツカレーをオーダー。
一見、定食を頼んでカレールーのみを頼むほうがオシャレ、とも思う。
(アンジャッシュ渡部さんもそうしていた)
しかし、僕なりにあれこれ考え、試した結果、こういうことだ。
「鶏口となるも牛後となるなかれ」の逆説。
上質なヒレや特上ロースがあるような名店で、カツカレーという、
いわばB級メニューを頼むのは牛後。名店の最下層。
一方、とんかつの名店で、特上ロース定食と、オマケでひとくちカレーを頼むのは鶏口。
カレーが小さなオマケだがトップの余裕。
なのだが、それを覆す体験をあえてしてみると、牛後の良さがある、ということ。
とんかつの名店でカツカレーなど頼む客は少なく、肩身が狭い。
しかし僕はあえて、一周回ってこれなのよと、したり顔で胸を張っていただく。
ご覧のように、この店のカツカレーは、キャベセンもあるし、
カツの上にカレーはかかっていない。
ここだけ見たらカツ皿だ。
そして美味いカレーもちゃんと存在。
わんぱくな大人にとっての、こんな夢のワンディッシュは他にない。
僕は豚汁も頼む。
まずは、カツ(日によって肩ロースかロース)の肉の面に、
じんわりとしみ込むように岩塩を軽くかけて、ひとくち食べる。
衣さっくり、脂が甘くて美味い。
そこへ、ライスと豚汁を流せば、これでロースかつ定食の完成。
今度は、キャベセンとカツに濃厚ソースをドロっとかけてライスと一緒に。
これで、実に上質な「ソースカツ丼」が口の中で仕上がる。
続いて、カレーとライス。うん、やっぱり美味い。郷愁。
それを数度、回したら、
いよいよ、とんかつの名店のキラキラしたロースカツを、
カレーというB級な海に、ドボンと落とし、カレーまみれにしてやるw
この背徳感ったら......。
通常、カツカレーは、すでにカレーがかかっている。
しかし、とんかつの名店のカツカレーは、ご覧のように、カツへのリスペクトがある。
それを合法的に汚せる感じ、生意気な美女を口説き落とす感じにうっとりし、
そして、カレーにまみれたカツを口の中でゆっくり噛むと、
ぜいたくな豚の脂が、じゅわりと衣から溢れ、
カレーのソースとなる奇跡の瞬間を舌で感じる。
この味わいは、我々が食べてきたカツカレーの域を超える。
ロースかつ定食の、オマケでカレーを頼んだのでは、
この背徳感とぜいたく感は味わえない。
だからこその、逆「鶏口牛後」。
てか、食べてる肉は、鶏でも牛でもなく、豚だけどねw
そういえば、
そんなカツカレーファンの願いを叶えてか、
蒲田の「檍」の近所には、「檍」のカツによるカツカレー専門店「いっぺこっぺ」まで出来たほどw
かつカレーは、夢の料理だ。
一人メシにオススメ。
★お知らせ★
▼8月1日発売、雑誌「pen」365日カレー天国。p62他、すずきBのおすすめカレーが登場。予約殺到、あの人気焼肉の〆カレー他、地元・静岡のご当地カレーもオススメ。
▼毎月24日発売、雑誌「GG」(ジジ) にて、すずきBが「死ぬまで恋するレストラン」を連載中! いわゆる「浮気おじさん」を本誌では「艶(つや)ジジ」と呼び、既婚男がそれでも死ぬまで恋する方法を「美味しい店」とともに伝授いたします。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.