画像: JR大阪駅ビル「ECHI PONTE VECCHIO (エキ・ポンテベッキオ)」

JR大阪駅ビル「ECHI PONTE VECCHIO (エキ・ポンテベッキオ)」

←読む前にワンクリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村
JR大阪駅ビルLUCUA10Fのピッツェリアトラットリア「ECHI PONTE VECCHIO(エキ・ポンテベッキオ)」に行って来ました。
日帰り大阪出張の予定が急に翌日まで延びてしまったので時間が出来ました。(^_-)-☆
前回レポートしたDolce PONTE VECCHIO (ドルチェ・ポンテベッキオ)に続いて、本格的なナポリピッツァと素晴らしいパスタを楽しめる「エキ・ポンテベッキオ」に訪問する機会が思ったより早く実現しました。(^_^)v
http://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-10896382539.html
←ドルチェのレポートはコチラ
今回の訪問は14時ごろでした。
前回行った時もエキの方は13時を過ぎても大行列だったので、最初から諦めてDolce(ドルチェ)の方に行きました。
浅井シェフの姿が見えなかったので尋ねたらECHI(エキ)の方に行ってるそうです。
両方を統括しているシェフなので行ったり来たりと本当に忙しいシェフです。
忙しい時にお邪魔をしても悪いと思って、同じフロアの催事場でやっていた伊勢丹メンズのOPENセールで急に決まった宿泊のための着替えのワイシャツや下着を買っていたら浅井シェフから嬉しい電話がありました(^_-)-☆。
「オーダーストップ間近で、今なら行列が少ないけど時間ありませんか?」というお誘いです。
同じフロアに居たのでワイシャツは後回しにしてエキへ直行しました(笑)。
既に短くなっていた行列の最後部に並んでラッキーなことに10分ほどで入れました。
初めて足を踏み入れたエキ・ポンデベッキオの印象はとにかく明るくて広い感じです。
女性一人でも気軽にランチに入れるようなカウンター席が中央にあって、周りのテーブル席はカップルでも気持ち良く食事が出来るように適当な間隔をとってあります。
こういう何気ない空間造りに山根大助シェフのこだわりを感じますね。
本格的ナポリピッツァの店は、ナポリという港町の食堂のように、テーブルの間隔も狭く隣のおしゃべりまで丸聞こえというワイワイガヤガヤしたフレンドリーさが特徴ですが、そこはポンテベッキオというブランドにお客様が求めるものをしっかりと崩さない店造りを感じました。
スタイリッシュだけど肩の凝らない明るいお店で、ポンテベッキオの料理をリーズナブルに堪能出来る店です。
さて、メニューを拝見するとランチは3種類のピッツァか2種類のパスタから好みのものを選んで野菜料理、ドリンク、プティフール(茶菓子)が付くスタイルです。
また、単品メニューからお気に入りのものを頼むとその価格でランチセットが付くそうです。
ピッツァの中に、かなり気になるものが2品ありました。
1.グリーンアスパラガスとボローニャハム、温度卵のピッツァ。
2.揚げ茄子とパルミジャーノチーズのピッツァ・マリナーラ
どちらもポンテベッキオらしいこだわりが感じられるトッピングなのでどちらにするかはお任せにしてオーダーしました。
初めに出て来たサラダからポンテベッキオらしいアレンジでこれだけでテンション上がります。
色々な初夏の野菜とグレープフルーツのドレッシングが実に旨いさっぱりとしたサラダでした。
そして出て来たピッツァは、姿を見れば「間違いないと感じられる素晴らしいピッツァでした。
ピッツァイォーロの真鍋氏が僕が気になっていたものをメタメタ(ハーフ&ハーフ)で焼いてくれました。
トッピングは「モッツァレラ、グリーンアスパラガス、ボローニャハム、トマトソース、温度卵、黒胡椒、アンチョビ、パルミジャーノ、バジリコ」です。
僕は「温度卵」という表現を初めて知りましたが、温泉で作るもの以外は温度卵って呼ぶんですね。
グリーンアスパラガス+モッツァレラチーズ+温玉+黒胡椒は鉄板ですよ。
半熟卵を潰しながらアスパラやチーズと一緒に食べたら美味しくないわけがない(笑)。
もうひとつの方は「トマトソース、ニンニク、オレガノ、茄子、アンチョビ、ミニトマト、ルッコラ、パルミジャーノ、バジリコ」です。
最後に振りかけられたパルミジャーノがそれぞれの具材をとても良い感じにまとめていました。
マリナーラ好きとしてはこういう変化球もいいですね♪
食後にはエスプレッソとお茶菓子を頂いてランチ終了でした。
食事が終わった時間はもう16時近かったので、客席はほとんど空いていて手の空いた浅井シェフとも少し話が出来ました。
帰る時には浅井シェフを中心にキッチンスタッフの皆さんとの記念写真です。(^_-)-☆
とてもチームワークの良さを感じる素晴らしいスタッフ達です。
エキの方は次のディナータイムまでクローズしますが、浅井シェフはすぐドルチェに向かうそうです。
しばらくは大好きな食材探究の旅にも行く時間がとれないのではないかと心配です。(+_+)
この日はプリモピッツァイォーロの久保さんはデリ・ポンテベッキオの打ち合わせと開発に出かけて居ましたが、真鍋さんのピッツァもポンテベッキオらしさを感じさせる優しくて美味しい焼き上がりのピッツァでした。
次回はディナータイムデビューを狙いたいと思います。
ある程度開店の大行列が落ち着いたら、エキで食事をして、ドルチェに移動してデザートと食後酒やカフェを楽しむなんて使い方が素敵ですよ。(^_-)-☆
★ランキングに参加しています!下のバナーをそれぞれクリックしてもらえると嬉しいです★
にほんブログ村
現在イタリア料理(グルメ)ブログのランキング3位です(^^ゞ
↑上のバナーをポチッとワンクリックして頂けると順位に反映されるので応援よろしくお願いします!
エキ ポンテベッキオ ア オオサカ
TEL 06-6485-7745
住所 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア10F
交通手段 JR大阪駅直結
営業時間 11:00~23:00(L.Oフード22:00)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.