画像: 山下敦司シェフのフレンチレストラン AIX:S@北青山・外苑前

山下敦司シェフのフレンチレストラン AIX:S@北青山・外苑前

どうも!
女子会ばかりしている姫です。
昨日は、
フードアナリスト仲間の瀬川あずさちゃんと神森真理子ちゃんと、
こちらのお店に行ってきました。
トゥ
入口
外苑前駅から近い北青山に、
7月21日OPENしたフレンチレストラン『AIX:S』です。
階段を降りると地下がワインセラーが見える神秘的なファザードになってます。
壁はレンガみたいなのは、石でできていて、お高いんですって!!!
こちらは、「ル・コルドン・ブルー」で講師をされたり、
半蔵門の『ARGO(アルゴ)』で総料理長を務めた山下敦司氏さんが開きました。
山下シェフとはアルゴ時代から面識があり、
プレスにお誘いいただいたのですが行けず、
オープン後落ち着いたこのタイミングで、
普通にディナーで食べに行きました。
内観
天井が高く広々とした店内です。
手前にBARスペースがあり、
単品で、パテやサーモンマリネなどのおつまみを頼めます。
ダイニングテーブルは、柱がないから、
ラグジュアリーな貸し切りパーティーなどできそう!
奥には、ひっそり8名位は入れる個室があり、
個室料2000円×人数払えば利用できるそうです。
ご接待やデートなど、シーンに合わせて、行きたくなりますね!
さて、ディナータイムのお料理は、
お任せコース1種類で5800円です。
山下シェフの前職のお店ですと、倍以上はするのに、
しかも都会でこんなエレガントな雰囲気で価格が抑えられてます。
シャトー勝沼 甲州スパークリング
まずは、泡もので乾杯!
軽やかな口当たりでのどを潤しました。
ちなみに、ワインペアリングを楽しめ、
1杯1500円、3杯3500円、5杯5000円で、
世界or日本のワインから選べます。
日本の3杯のにしました。
1杯目にスパークリングがつくのは、
華やかな気持ちになって嬉しいものです。
ラタトゥイユ&プティフールサレ
夏らしい野菜感あるラタトゥイユと塩気があるグジェール、
そしてケークサレでした。
ブランダードのクロケット(クグロフ・サレ)
鱈、ジャガイモ、にんにくを混ぜた熱々のコロッケでした。
こちらでは、パンのペアリングも楽しめるスタイルなので、
「クグロフ・サレ」が供されました。
お菓子ではなくお料理に馴染むパンでした。
燻製したサーモンのモンブラン仕立て(パンドゥミ)
山下シェフのスペシャリテです。
タピオカを粉上にちりばめ、
ジャガイモをピューレ状にして
ビーツで色付けした美しいモンブラン仕立てでした。
ミキュイのように繊細に仕上げたサーモンも見事でした。
ふかっとしたミニ食パンもいただきました。
朝日町ワイン セーベル9110
果実味がお魚に寄り添うテイストでした。
ミント風味のガスパチョ
暑さをしばし忘れる爽やかなスープの登場。
中には、パスタ状にしたゼリー(新・調理用増粘材の一種。説明は後程)
が入ってました。
素麺のようなしなやかさがあって
炭水化物をがっつり摂取せず、お料理の可能性を感じました。
真鯛のポワレ・バジルとオリーブのソース(フガス)
お次は、皮目パリッ身はふっくら焼いたお魚料理でした。
実がジューシーなオリーブをふんだんに使っていて、
生クリーム系のソースよりも、コースの流れ的に身体想いな印象でした。
南仏のスープの後に、オリーブをたっぷり使うお魚料理、
そのバトンとなる南仏のパンを合わせるところに、センスを感じます。
ハーブが香るもっちりしたパンでした。
鴨のロティ・タスマニアペッパーソース(パン・オ・レザン)
スライスせず、適度な塊で盛られています。
ライヨールナイフですっとカットして都度口に入れると、
その分鴨肉の香ばしさや旨味がしっかり感じられました。
レーズンパンは、ソースに相性良く、
お皿にさっとつけて余すところなくいただきました♪
グレイスワイン 芽ヶ岳 赤
鴨肉が量の割にこってりしてないから
重すぎずキレがあるこちらの赤ワインがすっと入りました。
魚介のリゾット
フレンチでこんなに種類豊富なパンをいただけるのだなと驚いていたら、
リゾットまで登場!
鶏出汁にお米、ホタテ、エビ、まいたけを具にして作られてます。
風味豊かでコクのあるリゾットで、
組み込まれていて良かったと思える〆に相応しい味でした。
フルムーン AIX:S風
山下シェフが開発に携われているゲル化剤を体感!
新・調理用増粘材「フルムーン」を使ったデセールです。
わらび餅のような粘り気がありました。
サンチーとクリームチーズのムースとサプライズ写真
ティラミスのようなデセールに、
果実をシート状にゲル化したものを載せてました。
濃厚なチーズに酸味のあるものを合わせていて、バランスをとってました。
誕生日が近かった真理ちゃんのバースデーサプライズをしていただきました♪
トミオ・フクダ・ドライオンツリー
ブラジルの農園福田さんが生産されているコーヒーがつきました。
食後のドリンクも含まれていて、得した気分でした。
甘いものを食べた後の余韻が、
癒される香りとほろ苦さで心地よく感じました。
記念写真
最後は、山下シェフがお手すきになった頃に、
BARスペースで記念写真!
ジャンボワイングラスも見せていただいたり、
楽しい時間を過ごせました♪
北青山 誘いたくなる 新店フレンチ ~姫心の俳句より~
AIX:Sのオフィシャルフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.