画像: 大成功!ベランダにゴーヤがなりました❤︎

大成功!ベランダにゴーヤがなりました❤︎

5月ごろ、仕事で訪れた自治体の環境展で配られていたゴーヤの苗。野菜は世話が大変だから作らないと決めていたのに、いただいてしまったからにはしょうがない!といただいた苗2つを空いていた大きな鉢2つにそれぞれ植え替えました。
見る間に成長し、所構わずツルをクリクリクリときつく巻きつけるので観念してネットを購入。おっかなびっくりネットを網戸の上に張りました。夏の間は使わない室外機の前に鉢を置くと、ネットと網戸の間にはちょうど良い隙間ができて風が通り、それもよかったのか?
どんどん成長して花をたくさん咲かせました。
そして今朝小さなゴーヤがなっているのを発見!感動です
さらに上の方には10数センチの大きさのゴーヤも!
実はあまりにたくさんつぼみがついていたので、これみんなゴーヤになるの?!(嬉)とワクワクしていたのですが、気づくと花が咲いては落ち、咲いては落ち。。。心配になりネットで調べてみたら。
なんとゴーヤの花には雄花と雌花があり、10〜20にひとつの雌花にしか実はならないといいます。つぼみの段階で見分けがつくそうです。マークしたつぼみは、根元が膨らんでいるのがわかりますか? その上はと比べてみて下さい。これがさらに膨らみ、実がなるんです!
生命力の強いゴーヤ。どこにでもツルを這わせますが、花が咲きだしてからはある程度落ち着いたように思います。雄花は弱く、咲いた花に触るとすぐポトッと落ちてしまいます。しかし雌花は強い!しっかりしていて受粉作業は全くしていませんがすくすく身が育ってくれています。
隣のオレンジレモンにもすきあらばとツルをのばしていたようです(笑)一年草ですからあまり気にせず放置し、初めのうちはとにかくネットに誘導しました。
オレンジレモンも小さい実がいくつかなってます。
食べたフルーツの種をまく、という実験をゆるーくしています。これはビワ。宮崎マンゴーも土の下に眠っています。別に詳しくまた書きたいのですが、お子さんと一緒にも楽しめますよ。
水やりは朝は時間がないことや気温が高いこともあり帰宅してからが多いです。暑いなーと感じる時間に水やりはNGです。早朝か夜が良いみたいですよ。可愛いゴーヤ、今週くらいには一本収穫してみようと思います(^.^)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.