画像: 賀茂鶴酒造 広島錦プレス発表会

賀茂鶴酒造 広島錦プレス発表会

先日、賀茂鶴酒造 法人設立100周年を記念し造られた「広島錦」プレス発表会があり伺いました。2018年8月28日に100周年を迎えるという賀茂鶴酒造。原点に立ち返り、次の100年を見据えた「Made in広島」の酒造りをと、広島の素材にこだわった純米酒を6年かけて形にされました。まずは、藤原昭典社長のご挨拶から。純米大吟醸、純米酒の2種類で、今年の10月2日発売開始となります。 一番の特徴は、広島錦と5号酵母を復活させ、造ったお酒だということ。原料である「広島錦」は、昭和初期に誕生したものの、130cmと背が高いなど栽培の難しさから幻の酒米となりましたが、今回のプロジェクトで復活!現在、賀茂鶴「広島錦」の為だけに契約農家が栽培しています。さらに、賀茂鶴酒造は協会5号酵母(大正14年 1925年採用)発祥の蔵でもあり、広島錦 純米酒は5号酵母で、純米大吟醸は5号酵母と1801酵母のブレンドで仕込んでいます。 5号酵母は、香りが控えめで発酵がゆるやかなこともあり、今回復活させるにあたりかなりの試行錯誤を重ね、広島錦の完成まで持っていかれたと、椋田茂杜氏も仰っていました。椋田杜氏のプレゼンテーションでは、軟水の賀茂山系の伏流井水についてもお話されていましたが、自然の恵が育む水の結晶がとても美しいのにも驚きました。 ブランディングデザインは、コエドビールのラベルデザインなども手がけた、西澤明洋氏。書体にも特徴あり、広島のカラーでもある赤で、菱型のようなロゴは「心」という漢字から ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.