画像: チーズのこえに行ってきました!北海道の大地の声、生産者の声を届けるチーズのお店(清澄白河

チーズのこえに行ってきました!北海道の大地の声、生産者の声を届けるチーズのお店(清澄白河

東京(清澄白河)にある北海道で生乳ソフトクリーム〜〜〜!!!
「チーズのこえ」に行ってきました。
チーズの声ってどういう意味でしょう〜??
北海道じゅうのチーズ工房、牧場のチーズが集ります。
農業や畜産関係者の中では知らない人はいない「チーズのこえ」
開店したのは2015年。
以前から、家畜改良センター NLBC 白戸AY子さんに教えてもらっていましたが、
昨日遅ればせながらようやっと〜〜行くことができました。
オーナーの 今野徹 さんは道庁→農水省を経て開業しました。
北海道じゅうの牧場を訪ね歩く中で、酪農、農業問題を解決する手段として、
チーズを通して都市と産地を結ぶ拠点をつくりたいと、
北海道の各地のチーズ工房からも出資を募ってお店を開きました。
「売っているのはチーズではなく、チーズを作る人です」とおっしゃいました。
牧場、酪農家、生産者、草地、北海道という風土の「声」すべてをチーズを通して伝えているのです。
これぜんぶ北海道のチーズ工房の写真です。
28枚ありますが、取り扱う北海道のチーズ工房のほんの一部。
わたしもいくつか訪ねたことのある牧場や、知っている工房があって嬉しくなるラインナップ
「チーズのこえ」という拠点を通して、オーナー今野さんが伝えたいこと。
ちょっときょうは書ききれないので、いくつか教えていただいたリンク先をシェア。
先日、日本とEUのEPAが合意して、EUのチーズが安い価格で何万トンと日本に流れ込んで来ることになり、国産チーズにとっては大打撃をうける結果となりました。
その際のコメントはこちら
http://food-voice.com/info/735
フェイスブック
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1421655587912716&set=a.196211977123756.49792.100002048668772&type=3&theater&notif_t=like&notif_id=1500753602263593
生乳の流通についての解説はこちらです。
https://www.facebook.com/torukonn29/posts/1182137158531228?hc_location=ufi
週変わりのソフトクリーム
きょうは
興部町(おこっぺちょう)ノースプレインファーム の生乳ソフトクリームでした〜〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
あ!
今野さんが北海道の中にいるーー!
北海道をバックに、すこしお話うかがいました。
お店は北海道のチーズ専門ですが、百貨店の催事などでは全国のチーズを集めたり、
各地の工房や生産者とも連携されています。
レジの横には九州豪雨の募金箱がありました。
友達の酪農家のいる阿蘇へ熊本地震のあと支援に行ったり、
今回の朝倉市へも支援にいったそうです。
雑誌 「料理通信」の取材記事が店内に飾ってあったので拝借〜〜
帯広畜産大学を出て、道庁で畜産・国産チーズ振興につとめたなど、つねに
食と農業を主軸に進んでこられました。
行政の仕事も邁進されたそうですが、
酪農を、農業を、つまり食料生産を、この国の食の問題を問い直すには、
みずからプレイヤーになることを選んだそうです。
現在40歳。
北海道のチーズをアピールすることは、
日本の農業をアピールすることに他ならないとおっしゃいました。
じぶんのふるさとを大切にする人は、
友達のふるさとも大切にします。
そういうものですよね。
東京 清澄白河には、あなたのふるさとがあります。
チーズのこえに耳を澄ませば @ チーズのこえ
さて
明日から宮崎牧場でーす!
うわさの小林市はじめて!!️
ベジアナ@やさいのこえ・あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.