画像: 『鮨シャン』ブラインドテイスティングディナー@鮨からく

『鮨シャン』ブラインドテイスティングディナー@鮨からく

こんにちは。 先日のことになりますが......シャンパーニュ委員会日本事務局主催のブラインドテイスティングディナーが『鮨からく』さんで開催されました。鮨からくさんと言えば、大将の戸川さんは非常にワインに造詣が深いことで知られています。しかも、今回はシャンパーニュに特化したマリアージュということで......どんな提案がなされるのか、ワクワクして臨ませていただきました。カウンターにズラリと並ぶグラスの列は圧巻です。 今回はブラインドなので、エチケットはすべて隠されており、銘柄は全くわかりません>< 先入観のない、まっさらな気持ちで、お寿司と、ワインと対峙します。まずは全5種のうち、1~3までのシャンパーニュが注がれました。さっそく味わってみると...... 1は輝きのあるレモンイエローで、シトラス系アロマやミネラルのニュアンスにあふれています。酸が豊かでフレッシュな印象を持ち、余韻にはミネラル由来の塩味を伴います。この爽快なイメージからブラン・ド・ブランを予測。ナプキンに覆われたボトルの形からも(これはズルイですね)勝手ながらリュイナールをイメージ。 2は1に比べてやや濃いイエロー。香りは熟したシトラスや、リンゴや洋ナシのフルーツ、そしてイースト香が絶妙に融合。味わいは酸と果実味のバランスがよく、エレガント且つ旨みを伴う長い余韻へとつながります。これは主要3品種がバランスよく使われているタイプだと推測。銘柄は全く想像つかず...... 3は色調が一番濃く、黄金色を伴っていて、黒ぶどうの使用比率が高いことを連想させます。香りは、熟したカリンや黄桃、ブリオッシュ、そしてミネラル。味わいは華やかな果実味にあふれていますが、余韻は予想以上にドライで引き締まった印象。ドサージュが少なめの、ピノ・ノワールとムニエをアッサンブラージュしたブラン・ド・ノワールを予想。銘柄分からず。 テイスティングしているうちに、これら3種のシャンパーニュに挑む、「つまみ」と「握り」が攻めてきます。 まずは1のシャンパーニュのお相手から。つまみは、キャヴィアとトリュフがあしらわれた烏賊とウニ。しょっぱなから何とも贅沢な提案!シャンパーニュの塩味やミネラル感に、ウニとキャヴィアが持つ、磯のニュアンスが寄り添います。トリュフの香ばしさは、シャンパーニュのイースト香に同調。 そして握りは、ほのかに柚子の香りをまとった鯛とホタテ。シャンパーニュの持つシトラスのニュアンスが柚子と調和し、これまた相性抜群です。 次に2のシャンパーニュのお相手が登場。つまみは加茂茄子の揚げだし。ナスがたっぷり吸った出汁の旨みがシャンパーニュの持つ余韻の旨みに寄り添います。一緒に出されたカイワレサラダ(写真撮り忘れ)も香味豊かなお口直しで、シャンパーニュの「爽やかさ」と「複雑味」、それぞれの魅力を引き出してくれました。 握りは、ワイン酢漬けのシマアジと鯛の昆布〆。ワイン酢の酸味や昆布の旨みが、シャンパーニュの伸びやかな酸と滋味深い旨みになじんでゆき、ハッとさせられるマリアージュ。 そして3のシャンパーニュにはこちらが挑戦!つまみは鰯のポン酢焼き。ポン酢の甘しょっぱさがシャンパーニュの持つ酸、果実味、旨みに溶け込み、滋味深いマリアージュが完成されていました。 握りは中トロと大トロの炙り。シャンパーニュの緻密な果実味と骨格がトロのボリューム感を受け止めます。炙った大トロの香ばしさは、シャンパーニュのブリオッシュのようなイースト香と同調。ここまできて......鮨シャンの奥深さを改めて実感。 細やかな仕事が施されたネタはもちろんのこと、シャリの持つ酸味や塩味や仄かな甘みまでも意識して、シャンパーニュを合わせてきているというから、興味深い。。。 感慨深さに浸っている間もなく、4と5のシャンパーニュが登場!4は、外観はやや淡いレモンイエロー。1同様、爽やかな柑橘系アロマを予想しながら香りをとると......1とはまた違った複雑味にあふれています。特に酵母のニュアンスが前面に出ているのが印象的で、香ばしさに加え、熟した果実や花のみつやミネラル感やスパイシーなアロマが絶妙に溶け合った奥深い香り。味わいもまた複雑で旨みにあふれ長い余韻に繋がっていきます。これはシャルドネ比率の高い、かなり長い瓶内熟成期間を経たタイプだろうと予測。銘柄は分かりませんが、ク ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.