画像: カレーですよ4334(レトルト ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー 中辛)偉大な先駆者。

カレーですよ4334(レトルト ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー 中辛)偉大な先駆者。

アンケートだったかな。そういうので当たりまして。届きました。
何年ぶりだろうね、この偉大なブランドのカレーを食べるのは。
カレーですよ。
当たったんですよ。それで、記憶がね、一瞬なかったです。そういうのよくあるでしょう?景品が届いて、はて、これなんだったっけ、とか。何のアンケートだったかなあ。確か、、、
あ、そうだ。牛か豚かどっち!的なカレーアンケートだ、そうだ。中に入っていたご挨拶状で思い出したよ。
ボクは豚推しでした。だって関東の人間なんだもん。
届いたカレーはこれです。
「ボンカレーネオ 鹿児島産黒豚 ポークカレー 中辛」
ボンカレー。国民的認知度の元祖レトルトパウチのカレー。素晴らしいものです。
その歴史は古く、そしてそりゃあ古いわけだよ。コンシューマー向けのレトルトパウチ食品としては世界で始めての製品なんだから!
そんなボンカレーもたくさんの進化を遂げてきました。とてもおいしいボンカレーでした。
ボンカレーは立派になったよなあ。お湯を沸かさずともレンジアップで完成し、具材の野菜も大きくおいしいし。肉は鹿児島産黒豚を大きく切ったものを使っているそうです。
立派なボンカレー。ボンカレーはかつて憧れでした。お母さんのカレーとも違う、カレースタンドのものとも違う、不思議な立ち位置にあって、それがとても魅力的だったんです。
それが憧れではなく気軽ないつものやつになり、古いもの、懐かしいものになり。
そして大きなリニューアルがあって立派なものになって戻って来たのです。
庶民とともに歩んだボクらのボンカレーは立派になったのですよ。
フレンドリーなポジションは変えずにね。そこがいいよなあ、と思います。
一緒に歩いて来た僕らは、日本人は、ちゃんと立派になったのだろうかねえ。
暗雲立ち込める今の日本の空気を、カレーライス、 ボンカレーが吹き飛ばしてはくれないかな。
そんなことを思っています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.