画像: 第6回 酒サムライディナー 高知編 主催

第6回 酒サムライディナー 高知編 主催

先週末、7月9日に神宮前にあるKEISUKE MATSUSHIMAにて、「第6回 酒サムライディナー」<~高知県酒蔵3蔵集結!日本酒・郷土食材とフレンチの融合!~>【松嶋啓介×あおい有紀】を主催致しました。 このフレンチ✕日本酒の会は松嶋シェフとのコラボ企画として、年に一度のペースで開催しています。普段ニース在住の松嶋シェフが東京に戻るタイミングに合わせて企画しているのですが、昨年はどうしても互いの予定が合わず、今回は2年ぶりの開催。毎回、各県をテーマに、その食材を使ったお料理&日本酒のペアリングをお楽しみいただきますが、6回目は高知県がテーマ。 司牡丹の竹村昭彦社長、文佳人の有澤綾さん、桂月の松本宗己社長にお越しいただき、酒造りへの想いやご提供するお酒の説明などもいただきましたよ。50名近い方々にお越しいただき、有り難くも満席となりました。 日本酒6種類&ゆず酒をご用意しましたが、松嶋シェフにも、事前にテイスティングしたそれぞれのお酒にどのように料理を合わせていったのか、一皿ずつ解説いただきました。香り(薬味)と旨味をどう合わせていくかがポイント、と松嶋シェフ。 竹村社長は、司牡丹の新酒鑑評会用大吟醸と鰹のタタキを使った一皿に合わせると事前にお伝えした時、その組み合わせは一度も経験がないし、やろうと思ったこともないけれど...大丈夫か、と不安もおありだったよう。松嶋シェフは、あえて醤油は使わず真っ向勝負。柚子のオリーブオイルソースと薬味、タタキの燻製の香りや鰹の酸味と大吟醸が見事にマッチ。爽やかさも感じられて、竹村社長も新たな発見をいただけたようです今回特別に出していただいた司牡丹のきもと純米原酒と土佐あかうしも、赤身のお肉とミディアムボディ+のお酒がちょうどよいバランスで、しっかりタッグを組みつつ厚みある味わいに。参加者の皆様からも好評でした。 文佳人は、メロンの香りが松嶋シェフにとって印象的だったようで、生ハムメロンの一皿と、デセールにそれぞれ合わせました。お料理とお酒が一体化し全く違和感なく、瑞々しいメロンの香りが口いっぱいに広がり...幸せちなみに、生ハムメロンのお料理は想像と見た目があまりに違い、料理の順番を間違えたかと思った方もおられたようですが(笑)ムース&スープ仕立ての生ハムメロン、夏純吟と合わせ、とてもジューシーな完熟メロンをいただいているような感覚でした。 デセールはメロンとアーモンドのエスプーマやドライフルーツ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.