画像: 東京水道橋の酢飯屋さんで小豆島のヤマロク醤油さんにまさかの再会しました〜!

東京水道橋の酢飯屋さんで小豆島のヤマロク醤油さんにまさかの再会しました〜!

紹介制のお寿司やさん酢飯屋さんに連れて行ってもらいましたー!
R編集部の山田さんが「こんなおいしいかんぴょう巻食べたことない」と絶賛した
かんぴょう巻きを食べる会です。
写真はまずはつかみのひげながエビ〜!
クラフトビール
いろどりお野菜
つきだし
カレイ?
サーモン?
谷川岳
なんの貝でしょう〜???
アコヤガイ!真珠きらきら
かんぱい
ひげながエビ〜!
上にポツリとのった山椒の実が見た目におしゃれ!
そして、まさに一粒でめちゃくちゃいい仕事しているのである。
山椒はこつぶでぴりりと辛い。
昔の日本人はいい言葉を伝え継いでいますね〜〜〜。
さらにたれの醤油はこだわりの小豆島産だというのでわたしは、あ!もしかして!そうだそうにちがいない〜!と
ピンと来ましたね。
「ヤマロクさんですか?」
店員さんが厨房へ確認して戻ってきたら、まさに
#ヤマロク醤油 #鶴醤 ではないですかーーー!
いや〜びっくりしました。
その2日前、小豆島の旅で訪ねてきたばかりで #木桶職人復活プロジェクト と5代目の情熱について、
この寿司が運ばれる直前までR編集部に、すごい木桶の醤油蔵と物語があるから、取材企画提案したいとスマホ見せながら熱く語っていた矢先だったのです!
ヤマロク醤油さんについてはまた書きます
いや〜〜
嬉しかった
ヤマロク醤油さんに東京水道橋で再会しました!
なんとおからのお寿司
宿毛のお寿司
はたはた
金目鯛はわかりますが〜〜〜
この魚なにかわかったらえらいと言われたので、逆にわかっちゃったもんね〜〜^^
クイズにしたくなる魚ってだいたいわかるじゃないですか〜^^
これも寿司なのか
もずくお椀
牛肉は〜〜〜
なんと岩東さんが知っている和牛生産女子の牛肉でした!
国産のゴマをつけます
こだわりの酢飯屋さんでしたー
ベジアナ@すしアナ・あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.