画像: フランス料理Makino(マキノ)@石川県金沢・片町

フランス料理Makino(マキノ)@石川県金沢・片町

どうも!
金沢で女子旅をしてきた姫です。
いよいよ最終日のディナーは、
片町にあるフレンチレストランに行ってまいりました。
トゥ
外観
鼠川沿いに佇むシックなお店です。
ミシュランガイド 2016特別版 石川県で星獲得されております。
ディナーは、8,000円(税・サ別)からお任せコースがありました。
契約農家から採れたての有機野菜や金沢港で揚がった新鮮なお魚等、
石川をはじめ北陸の旬の素材、
国内やヨーロッパから選りすぐりの素材を使って
組み立てているようです。
Beaumont Des Crayeres (NV)
まずは、シャンパーニュで乾杯♪
泡立ちのリズムに心が躍ります!
上品なコクがありました。
ちなみに、ワインメニューもあったのですが、
ペアリングでお任せしました。
琵琶湖の稚鮎 貴味メロン 中野さんの麗夏
アミューズから、芸術的です。
見るからに躍動感ある鮎の下は、
ゴマをコーティングした最中が蓋のように置かれてます。
それを一緒に食べると、苦みと風味のバランスの良さを感じました。
その下には、季節感あるメロンと
王様トマトと呼ばれる大玉のトマトを使ったガスパチョが入ってました。
暑さをしのぐさっぱりとしたスープでした。
能登 毛蟹 空豆 イタリアンパセリ パピヨン
絵皿のように描かれたパセリソース、
上には蝶が羽休めしているかのよう飾られてます。
細部にまで見どころがあり、お皿への集中力が高まります。
中心には、毛蟹のムースと身が入っており、空豆との相性が抜群!
隠し味で入っているバスクの赤唐辛子スパイスが、さらに姫好みの味でした。
パン
自家製パンと生バター、舳倉島の塩です。
お料理に寄り添う香ばしいパンも魅力的。
しかもデセールのアイスクリームなどまで手作りにこだわっているんだとか。
Chateau Tour de Calens Blanc 2013
魚介料理が続くアプローチとして良い白ワインでした。
有機人参 北海道 江差町塩水雲丹 コンソメ
スペシャリテの一皿です。
牧野シェフは、銀座の『マノアール・ダスティン』出身です。
あちらで食べたスペシャリテ「人参のムース コンソメジュレとウニ添え」は、
余韻としてしばらく残る程濃厚ですが、
こちらは、コースの途中で適度なように、やや軽やかに仕上がってました。
構成で不可欠な人参と雲丹は、その時季に合う仕入れを選んでいるほど、
想い入れがあるようでした。
コースに入っていて嬉しく思えました。
Cablis Massale Servin 2015
適度に冷えていて爽やかなアロマを楽しめる白ワインでした。
石川の野菜 加賀野菜 八乙女ポーク
カマチ陶舗のネオクラシックな有田焼に、彩り豊かな野菜たち。
中央のくぼみにはバーニャカウダソースが配されてます。
野菜それぞれの特徴を大切にし、様々な調理法を駆使した野菜が主で、
脂身が甘いポークが名脇役というポジションでした。
Valminor Albarino Adegas Valminor S.L.
スペインの酸味が程よくフルーティーな白ワインでした。
宇出津の鮟鱇 福岡のスエビ 冬瓜 赤烏賊 ハスイモ
鮟鱇と海老を同じお皿で使う斬新さが素敵です。
しかも、衣のまとわせ方を変え、食感のコントラストを楽しめました。
ARBOIS Rose 2015
フランスのジュラ地方の手造り感がある優しいロゼワインでした。
ロゼール産 アニョー モモ肉 ヤングコーンとゴールドラッシュ
しっとり柔らかい仔羊がメインでした。
加賀野菜の金時草は、ピクルスのように酸味があって、メリハリがありました。
それに2種のコーンは、甘味があり、お皿のバランスが良く感じました。
BANDOL 2013
どっしりしすぎてもないので、仔羊の旨みを引き立たせてました。
奄美大島 瀬戸内パッション 太陽のたまご バニラ
酸味が強いパッションフルーツに糖度の高いマンゴーを合わせてました。
奄美大島では、パッションフルーツに黒糖焼酎をかけて食べるんですって。
同じようにしたら、バニラのクリームにリキュール的な存在として驚きました。
カリフォルニア黒無花果 白ゴマ 赤ワイン メレンゲ
身体想いな無花果と胡麻がたっぷり♪
特に女子が好みそうなデセールでした。
記念写真(急いで撮っていただき、ブレてます)と小菓子
この日の終電で東京に戻らないので、
お店でいただくはずの小菓子をお土産にしてくださいました。
名残惜しい気持ちでいっぱいになりつ、撮影!
牧野氏も接客してくださった皆様もとても温かくて居心地が良かったです。
金沢で ラストディナーも おもてなし 〜姫心の俳句より〜
『フランス料理Makino』オフィシャルサイトは、こちら
後記
はんつ遠藤さんと小谷幸さんと姫
幸さんて旅の思い出に浸ろうと
うるうるしていたら、
金沢駅で、偶然同じ新幹線を予約していた
食べあるキング仲間のはんつ遠藤さんに遭遇しました。w。
はんつさんはテレビのロケで、
能登からの帰りだったようです。
今回の金沢の旅は、
よくご縁があり、より楽しく感じました

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.