画像: 2017初夏の京都(9)ぐじを堪能!商店街のお洒落和食「西角」

2017初夏の京都(9)ぐじを堪能!商店街のお洒落和食「西角」

出町橋から賀茂川を望む夕景。高い建物がないと、西から北、南まで空いっぱいにくれない色が広がるんですね。
穴場の湧水発見!ヒントは出町橋(^^)
懐かしい出町商店街。ふたばさんはこの時間ですからもう、閉めたはります。
桝形商店街をはいって一筋目を少し下ると、コースもアラカルトも楽しめる使い勝手のいい和食屋「西角」さんがあります。
長年お商売はされていますが、お店は建て替えられたばかりのように綺麗です。
ふぐの傳八さんといい、ココといい、灯台下暗しのような出会い。話題の船越さんがテレビで美味しそうに召し上がっていたぐじをいただきに来ました!
東華菜館とこちらのハシゴですから、当然アラカルト。だけど食べてみたかったこのプレートは突き出しとしてついて来ました!嬉しい❤︎冷酒が進みます!
お値ごろで手軽にいただけるアラカルト和食としては、祇園の北里よりももっと繊細で女性好みの料理です。空間は断然西角さん!
珍しいぐじのお刺身。ねっとりと熟成したような味わいです。
ぐじは水分が多く、そのまま食べると美味しくないのだそう。一手間かけなくてはいけないから、お高くなるのかしら。家では吉池で買うぐじをアクアパッツァやグリルによく使いますが、それもひとしおすると全く味が違うそう!
白ズイキの炊いたん。野菜は上賀茂から仕入れるものがほとんどというのもすてき。
これが食べたかったの!びっくりするほど大きなぐじの酒蒸し。
そして最後のコレには泣きました。。。花山椒の佃煮!ほんの少しですが、花山椒だけを炊いてあって、本当に美味しくて、信じられない良心的価格なの。ちびちびいただきながら、また冷酒が進むこと。。。
ご家族経営の地に足のついた店。三代目が包丁を握る日も楽しみです!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.