画像: 和食 一献 (いっこん)@金沢・片町

和食 一献 (いっこん)@金沢・片町

どうも!
金沢で女子旅をしている姫です。
昨日は、今回旅を供にする小谷幸さんに
金沢でミシュランの星を獲得している和食店にご案内いただきました。
トゥ
外観
飲食店が多い片町にひっそりと佇む味のあるお店です。
実は、こちらの女将さんとは共通の知人がおり、
気になっていたので、
満を持して来た感じです^^
お料理はお任せコース8,000円(税・サ別)のにしました。
純米 一献
店名と同じ名前の日本酒を嗜ませていただきました^^
谷泉
まずは、希少な石川のにごり酒で乾杯!
まろやかで心地よい味でした。
一品目
涼し気な鈴の器に入っているのは、
玉子豆腐、焼き雲丹、白ウド等などでした。
さっぱりした豆腐に雲丹でコクが増してました。
二品目
紫蘇で巻いたアイナメ、白山市の有機栽培のズッキーニを
天ぷらでいただきました。
身がふっくらしたアイナメ、薄衣でほくほくのズッキーニでした。
三品目
ミョウガと鯵、加賀太きゅうりとバイ貝、加賀野菜の金時草と水蛸の
地のものが盛り込まれた内容でした。
常きげん 山廃仕込純米酒
白山のキレがある日本酒でした。
四品目
玉蜀黍のしんじょうとすり流しそしてヤングコーンを浮かべた、
コーンの素材感を活かした逸品でした。
五品目
鰹のタタキを土佐の海洋深層水の塩やガーリックチップでいただきました。
醤油も良いけれど、優しい塩味でいただくのも粋でした。
六品目
気仙沼のモンカザメの心臓を塩とごま油でいただきました。
お肉のハツのような弾力があり驚きました。
能登 純米
お米のコクがある日本酒でした。
七品目
マナガツオの塩焼きにホワイトアスパラや万願寺唐辛子が添えられてました。
身の面積の取り方が大きく、食べごたえがありました。
八品目
ふわふわの鰯のつみれが入った椀物でした。
上品なお出汁でほろ苦い江戸野菜のしんとり菜がアクセントになってました。
九品目
土鍋で黒もずくごはんが赤出汁のお味噌汁と香の物と一緒に登場。
揚げ物以外で温かいもずくを食べられるのは珍しいと思いました。
ふんわり薫る磯の香りがお食事の終盤を告げました。
甘味
この季節特に欲する水羊羹です!
わりとしっかりめな硬さで別腹におさまりました。
記念写真
思い出に撮影を。
もずくごはんはお店で食べた分以外はお土産にしてくださいました。
女将
女将さんは、お見送りする姿まで美しゅうございました。
大将の技が光るカウンター席では、
ご夫婦二人三脚で歩んでこられた道が、
素敵なおもてなしとして表れてました。
金沢の 野町で結局 三献かな ~姫心の俳句より~
『一献』のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.