画像: ぴんちょ(目黒)

ぴんちょ(目黒)

いま、目黒の権之助坂から目が離せない。
イマイチな店がすぐに消え、いつの間にか新たな店が現れる。
中目黒に並ぶ熾烈な生き残り戦争を繰り広げながら、権之助坂のグルメ街レベルを上げている。
そんな中、両どなりを新店舗に挟まれながら、昨年から安定した人気ぶりをキープしている良い店がある。
日本酒とバスクワインが自慢のピンチョスバル、ぴんちょ。
ぴんちょとは、ピンチョスのこと。スペインはバスク地方の、串を刺したフィンガー料理、タパスのことで、この店では和風ピンチョスがあれこれ用意され、お酒が進む。
そんなつまみに合う日本酒とバスクワインが豊富で、通も喜ぶレアなものも取り揃えている(^o^)
なめろう、もつ煮込み、ハラミかつ。
特に写真のマテ貝のにんにくバター炒めは最高に美味く、お酒が止まらない。
1階は立ち飲みとカウンター。
2階は4人用のテーブルが。
特に2階は美女が多い(笑)
たまたまその日も、隣に3人の美女が居たので、丁重にご挨拶(おナンパ)してみたら、恐ろしいことに鬼の知り合いで、度肝を抜かされた(笑)
かなり飲んで食べて、お値段、それほどでもなく、コスパが良いのが嬉しい。
2階はデートや合コンに、下は1人メシにオススメ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.