画像: おとりよせネットの調味料特集で「Premium百年蔵醤油(愛媛・田中屋)」をご紹介しています!

おとりよせネットの調味料特集で「Premium百年蔵醤油(愛媛・田中屋)」をご紹介しています!

おとりよせネットで調味料特集が始まりました! 無添加というこだわりはあるものの、美味しいと聞けば即試す調味料マニアとしては嬉しい企画。今回はお醤油編。4点紹介されていますが、どれもわが家にあるオススメ品ばかりでした(^^)そして私が紹介したのは・・・愛媛・田中屋さんの「プレミアム百年蔵醤油」!
この中では一番高級なお醤油で、他のものは都内の高級スーパーやデパートで私も常に買っているのですが、これはなかなか売っているところがなく、本当に取り寄せないと買えないものなんです。
三ツ星醤油はもう20年以上使っているお醤油のひとつで、鮎魚醤は魚醤のわりにクセがなく上品な味わいなのでたまに三越で買っています。下鴨茶寮さんの「粉しょうゆ」は発売当初からずっと切らしたことのないものです。
以前いただいて使ってみたら、あまりに美味しかったのですが、常にお醤油は5、6種類は冷蔵庫に入っている状態なので「次に」と思いながら少したっていました。今回「おすすめのお醤油」を聞かれたときに、真っ先にコレだと思い初めて取り寄せてみました。めんつゆや、お豆腐用のだし醤油は初めてでしたがリピしたい!
1000円とお安いのですが、実はコレ最初の画像でわかるように100mlととても小さな瓶なんです。でもこのサイズが使いやすいし、使ううちに必ず酸化するので私は調味料は小瓶を選ぶようにしています。本文にも書いたように、高級だけれど買いやすいし小さいので人様に差し上げるにもピッタリです。食卓にそのまま出せるデザインもステキ。
さてお醤油の美味しさもさることながらお味噌の美味しさにもビックリ。甘口の麦こうじ味噌はお店のおすすめ通り、柑橘(私はレモンを使いました)果汁と合わせたら、素晴らしい野菜のディップに。他にもマヨネーズと合わせたりと、お味噌汁ではなくそのまま食べる方が多いくらいです。
百年蔵醤油は旨みがハンパないので、カプレーゼのようなメニューを和にしたいときにちょろっとかけてもよく、重宝します。
使い方のヒントもあるのでぜひ、記事をみてみてくださいね☆

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.