画像: 希須林(赤坂)

希須林(赤坂)

最近、普通に「食べログ」という言葉が使われるようになった。
「食べログ4・0」とか、「歩く食べログ」とか、
普通にテレビでも言うようになった。
巷のティーンたちの日常会話を聞いてると、
「食べログ3・5〜」とか、普通に使われている。
すごいことだ。
個人評価が国民に影響を与える。
独特の点数システム。
そのことも含め、食べログだ。
食べログをどう使うかは、その人の自由。
僕は点数を一切、見ない。
自分専用グルメノートとして、とても重宝している。
LINE、facebookに次いで頻繁に開く。
アカウントは非公開なので自分しか見れない。
「肉が固くてイマイチ」とか、「店主が横柄」とか、
「巨乳●●ちゃんとデートで」とか、人には見せれないメモまで満載(笑)
ちなみに、「行った」にするとあとでメモ更新がやりにくいので、
僕は、全部「行きたい」にしてる。
(「行った」にしたときの、あのやりにくさ、何とかならないものかな)
自分だけのために、行った店、行きたい店、
おそらく1万軒ほどメモってある。
たとえば、赤坂でランチがしたいときに、
自分の「行った・行きたい」リスト(つまり自分が過去にメモった店)リストから、
「現在地」「ランチ」で絞り、
さらには、自分なりのカテゴリーわけ「グルメ推薦」をチェックし、
出た店に行く。
で、ある昼、出てきたのがこの店。
「マツコの知らない〜で担々麺マニアが絶賛してた」
「うどんが主食氏が夜会で桜井を案内してた」とメモってある。
何かとタイムリーなので、行ってみた。
大行列。
しかしテンポよく、入れた。
青山の同名の店とはえらく違う。
こちらは中華というより、カウンターのみの担々麺専門店。
入り口券売機で何辛か選ぶと、
みんな、その上にあるおしぼりボックスを自分で開けてとり、
スタンバイする。
真似してみた。後ろの人も、当然のようにする。
席につく。
初めてなので2辛。
担々麺がきた。
干し海老がいい感じに効いていて、
芝麻醬が香る、実に香ばしい担々麺。
3辛でもよかったかも。
一人ランチにおすすめ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.