画像: 卵用地鶏シンポジウムin名古屋で発表した資料、公開しま〜〜す!たまごたまご

卵用地鶏シンポジウムin名古屋で発表した資料、公開しま〜〜す!たまごたまご

昨日、名古屋国際センターで開かれた「第2回卵用地鶏シンポジウム」でわたしも発表させていただきました。
資料を(一部作り直して)公開します。
産地と都市の関係はフェアか?
産地と都市の関係で足りないのは「当事者意識」なのでは?
1命を育む食べもののことを人任せにし過ぎていないか?
2地方の衰退、過疎・人口減少問題は他人事
「1億総農家!」
暮らしに「農」を取り入れれば...という提案しています。
ベランダ菜園から食を変える!
↓↓
体験が「理解(感動)」を生む
↓↓
産地と都市の交流
↓↓
生産者・産地をリスペクト
なぜなら、知れば、感動すれば、消費者(都市生活者)の価値感が変わるから。
安く買い叩くような仕組みにもならない
(かしこい消費者になれるはずです)
感動が価値をあげる ☆食文化を売る視点
1体験を商品に
2風景を商品に
買い手が物語を勝手に作る
人はなんのために食べるのか
食料確保のためから、いまは社会貢献、エシカル、ロハスなどの視点が食に求められるようになっている
2011年以降の日本は特に
エシカルやロハスを食の問題から読み解く
満たしたいのはお腹ではなく心♡
エシカル ethical 道徳的な・環境・社会貢献
ロハス Lifestyles of health and sustainability
→いいことすると嬉しい
→脳が喜ぶ
・エシカル消費
・応援消費
・グリーンコンシューマー
人を良くすると書いて「食」
それは、自分1人の「人」ではなく、「人々」を良くするためのものであるべき
それが持続可能な食
sustainability
FAO(国連食料農業機関)が掲げる世界農業遺産 GIAHSの考え方
環境に配慮したお米を食べる=景観保全
エシカル 持続可能な農業
食味だけではない価値能登の里山里海
お米をつくることで保たれる風景
米を食べるのは人か牛か豚か鶏か
お米を食べるのは人だけでは追いつかなくなった現代
お米を食べるのは畜産=飼料米という考え方
飼料米を与えた鶏の黄身は白い
トキワ養鶏
こめたま
体験や風景を商品にすれば買い手が物語を勝手に作る
同じく京都養鶏
京たまご「穀産」は鶏種も純国産鶏「もみじ」
五島孵卵場
一方、SNSで「食」の楽しさ発信する時代
幸福感を伝えること
ときめき
シズル感〜
たまごってなんでこうおいしそうなのか〜ズルズル
ふたごたまご
たまごを選ぶ喜び(太田商店さん)
烏骨鶏96円
青い卵 アロウカナ29円
たまごの楽しさ
演説より演技をしろ
ソーヤー効果
太田商店さんのたまご姉妹
卵用地鶏
卵肉兼用のよさ
どっちが副産物!?
=どっちも主役のエコな食=sustainable
友産友消 CSA
消費者と生産者から、サポーターとプレイヤー=応援し合う関係に
みんなハッピー!三方よし 搾取(対立)しない双方嬉しい
地域や友達を応援する(地域連携・コラボ)
→自社の価値を高める(三方よし)SNSの普及=性格がバレる時代
「顔の見える農業」の次は
性格♡で選ぶ時代
広告よりSNSが信用
性格のよい人(企業)は好かれる
SDGs 国連・持続可能な開発目標
CSR 企業の社会対応力
ミラノ万博 地球の農業・食料、エネルギー
日本館 ハーモニアスダイバシティ 共存する多様性
世界で「和食」が人気のわけ
和=Harmony =調和 平和 和やか
地球規模のキーワード
サスティナビリティ sustainability
持続可能・多様・代替 diversity alternative
小さなものの集まりがしなやかで強い
たまごは寄り添う
たまごは繋ぐ
たまごはまるい
たまごはかわいい
たまごは人気者
というわけで
第2回「卵用地鶏シンポジウム」
家畜改良センター岡崎牧場山本場長はじめみなさま
貴重な機会をいただきありがとうございました。
ベジアナ@たまごアナ
たまごにまつわるお仕事のみなさまとたまごを産む鶏と生まれたたまごを応援します。
あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.