画像: 寿司 鮨・肴匠 くりや@北海道・札幌 南郷7丁目

寿司 鮨・肴匠 くりや@北海道・札幌 南郷7丁目

どうも!
先日札幌に行ってきた姫です。
北海道ならやはり魚介類も食べておかねばと思い、
熟成寿司も味わるお店にうかがいました。
トゥ
外観
とある建物の2階。
店内はカウンター8席のみのお寿司屋さんです。
店主が握り、女将が接客を担当してます。
華味之至(しかみ)
札幌の蔵元「日本清酒」が出している
希少な日本酒です。
お米のふくよかな香りそしてさっぱりとした味がお寿司に寄り添いました。
茶碗蒸し
いきなり茶碗蒸しが登場です。
コクのある赤いもみじ鶏の卵を使用し、
具にはインカの目覚めや中標津原木椎茸など、
北海道らしさを感じる内容でした。
マツカワガレイ
北海道日高の鰈で4日氷温熟成したものでした。
透明感ある白身は、噛むほどに甘味を感じました。

長崎の鯖で4日塩酢で〆、3日寝かしたものでした。
きりっと引き締まった味でした。

鰻をくりから焼きにしたものです。
柔らかさを楽しんでいると、脂とタレが馴染み良く入ってゆきました。
甘海老
函館噴火湾の甘海老を昆布〆にしてました。
ねっとりと旨味が増して、うっとりしました♪
シマアジ
九州天草のシマアジを10日熟成したものでした。
身のしまり具合が良い印象でした。
コハダ
1週間熟成してます。
銀箔のような美しい光沢感があり、酢加減が絶妙でした。
つぶ貝
北海道浦河で採れた特大つぶ貝でした。
コリコリとした歯ごたえがたまりませんでした♪
玉子焼き
ようやく甘味代わりの玉子焼きかと思いきや
まだまだあるらしいです。
朗報を聞きながら、出汁の効いた味を楽しめました。
本マグロヅケ
1週間寝かせてます。
シャリを覆うずっしりとしたマグロは圧巻でした。
銀ダラ西京漬け、グリーンアスパラガス
香ばしく脂ののった銀ダラと
シャキシャキで鮮度の良いアスパラでした。
彗星 ATAGO NO MATSU
北海道酒造好適米「彗星」を100%使用した日本酒です。
「伯楽星」で有名な宮城の酒造『新澤醸造店』が北海道限定で
販売した商品なのです。
東日本大震災でお世話になった道内への恩返しの気持ちで造られたそうです。
ピュアな香りの後にお米の甘味が広がりました。
カワハギ
北海道・寿都のカワハギを、肝に生クリームとポン酢でのばした
ピューレにつけていただきました。
淡白な味のカワハギに濃厚な肝ピューレは相性抜群!
こういった洋風の創作料理もいただけて驚きました。
ブイヤベース風
金目、鰈、カワハギ、フグの骨等や
甘海老、毛蟹の殻等を、3時間煮込んで
ホタテの貝柱を浮かべたブイヤベース風の一品です。
あら汁も良いけれど甲殻類の旨みまでぎゅっと詰まった手の込んだスープは、
常連さんのハートを掴む理由の一つだと納得しました。
毛蟹
オホーツク・雄武の毛蟹をばふん雲丹でなめろうのように混ぜてました。
雲丹でつなぐとは、何とも贅沢でコク旨でした。
蝦夷鮑
寿都の蝦夷鮑を酒蒸しにし、
シャリと肝ソースと共にいただきました。
ニンニクや醤油など香りが立つものを使用してないのに、
ものすごく深い味がしました。
活ダコ
歯で簡単にほぐれるほど柔らかく煮たタコと、
小樽の旬なシャコ、そしてお酒のつまみになるゴボウのたまり漬けでした。
中トロ せとろ
1週間熟成したもの。
舌に触れた時のしっとり感シャリにフィットするしなやかな感じに惹かれました。
龍力 episode2
カッコ良いラベルですよね。
しかも映画のタイトルみたいなネーミング♪
兵庫県が開発した兵庫錦を使用した純米吟醸です。
すっきりした飲み口で、後半も日本酒しばりでいけそうです。
さわらの卵のからすみ
噛むほどに、塩味がきりりとくる感じ。
日本酒の肴に最高!
金目
10日熟成したものを鱗焼きで提供。
皮目をパリッとさせており、フレンチの技法のようで驚きました。
車海老
久米島の車海老は、
シャリにがしっとくるほどしっかり張ってました。
のどぐろ
2週間熟成のネタです。
脂乗りがとろけるように口の中に広がりました。
あん肝
あん肝と奈良漬けを韓国のりでサンドしていただきました。
この食べ方は、お初。
食感も味も意外でした。
マグロ
36日熟成したものです。
スモーキーな香りがするほど貫禄のある味でした。
雲丹
オホーツク・雄武の雲丹です。
シャリと雲丹が黄金比率で手の上に鎮座してます。
お代わりがほしくなる美味しさでした。
玉子焼き
今度こそ〆なのか!?
卵、生クリーム、グラニュー糖を混ぜ、
まるでカステラのように甘めな玉子焼きでした。
穴子
まだありましたよ(*'▽')
桜の葉と笹の葉をかぶて蒸し焼きにした穴子です。
葉の香りが爽やかにきて、穴子からより感動を覚えました。
味噌汁
網走のしじみを赤出汁の味噌汁でいただきました。
飲んだ時に肝臓に優しいしじみが最後に出て、
癒されました。
ウィットに富んだ店主の仕事を見ながら、
つまみとお寿司をこんなにたくさん食べ、
心身ともに満たされました。
▼くりや 店舗情報▼
所在地:北海道札幌市白石区本郷通8丁目北1-22 石田ビル 2F
TEL:011-866-5055(完全予約制)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.