画像: カレーですよ4319(浅草駒形 クラブレッド)カニカレー、ブラッシュアップ。

カレーですよ4319(浅草駒形 クラブレッド)カニカレー、ブラッシュアップ。

一度おじゃまして、今回また行って大いに刺激をもらったお店です。
カニ、カニ食いに行くよ。いや、カニなんだけどね。
カレーですよ。
カニなんだけど、カレーです。
浅草の駒形にある、「カニカレーの専門店」珍しいでしょう?カニカレー専門なんて。カニのカレー、高級食材とカレーというのはどことなく座りが悪い気がしたりします。ねえ、なんかさ、なんか。
アジアだと、カニのカレーはいくつかありますね。インドやスリランカではカニカレー、それほど種類があるわけじゃないけどありますし。スリランカではコックさんが作ってくれたこともあったよ。それとタイ。これはけっこう有名なプーパッポンカリー。カニのカレー味卵とじです。これは日本の人も案が多い美味しいやつ。渡り蟹なんかを使います。ほら、タイカレーって好き嫌いがはっきり出るんだよね。それで、
それで、ここ浅草の、
「クラブレッド」
カニカレーを名乗って誕生、ふた月半ほど経ちました。
メニューは本当にただ一つ。「クラブレッドカレー」だけ。潔いねえ。すごい勇気だねえ。
ちょっと知人に誘われて試食会におじゃましたんですが、面白いカレーだったんだよね。
真っ赤なカレーソースはサラサラで、一口含むとおや、と気がつく。これ、タイレッドカレー系の味がします。もちろんそのものの味ではないんだけどね。それはそれで美味しかったんですが、どこか引っかかるものがあるまま店を後にしました。ひと皿1670円、それなりに高価なひと皿で、そこにタイカレーという人を選ぶカレーのチョイス。うーん、少し心配。
それで、ふた月半ほど経ってまたここに。若く情熱的な店主に挨拶をして、さて。
注文は、もうこれしかない
「クラブレッドカレー」
でもね、種類はこれだけだけど、カスタマイズができるんだよね。ごはんの量の調整と辛さのカスタマイズ。キャロライナリーパーというギネスブックで世界一辛い唐辛子として認定されているすごいやつで調整とか。いやいや、ボ、ボクは辛さ調整とかふ普段からしないし。というか、ちょっと前回と比べたかったので、きょうは無し。それでも結構辛かった記憶があります。ごはんもMにして、ここのスタンダード、ベーシックにしてみました。
まあベーシックという言葉がこれほど似合わないカレーもありません。
ベースグレードにこれだもん。
ほらほら、すごいのが出てきた。すごいやつ。目をそらせなくなる存在感のタラバの足がばーん。圧倒されます。カ、カレーだよねこれ、カレーにこれって勿体無くない?思わずつぶやいてしまいます。
さてさて、なんだかすんごい盛り上がっていっぱい写真撮っちゃって、、おっとっと、そんな場合ではない。あ高いうちに、香り高いうちにどんどんいただかなければね。
あれっ!カレーソース、変わった。タイカレー感がほとんどなくなってる。
道産のカニの魚醤2種、マスの魚醤1種の3種の魚醤仕上げはもちろん変わらず。なんだけど、前よりカレーソース自体のカニのコク、その厚みと旨味が大幅に増している気がするぞ。うわあ、これすごいんじゃない。うまい、うまい、うまい。前以上に味に立体感が出てる、辛いけど辛さに旨味が負けてないね。
そしてカニの足。
カニはオホーツク産の最上級品のタラバガニ。足も爪も入っていたよ。うーん、キングオブクラブのタラバの足です。すげえぞおい。
この間食べた時に聞いた美味しい食べ方、レモンをごはんにかけて食べるというもの。カニ、パクチー、レモン、レモンかけごはんを合わせて食べるわけです。美味しいんだよね。バランスが取れるんだよ、うまいんだよ。ところがおやおや、前回ほどインパクトがない。あ、もしかすると前回はカレーソースが強すぎてレモン入れて変化を出したのが際立たんじゃないかな。今度のは「どちらもいいね」という感じで着地しています。
網走生まれの南国風味。そしてザ・オリジナル。そのオリジナリティがふた月半前から大幅に上がっています。
少し店主にお話を伺うと、ご明察、とおっしゃる。一つのメニューにこだわり、それを磨き上げていくという作業をひたすら続けていらっしゃるそうなのです。その心意気、共感できます。
これは価値がある1680円だと思う。
カレーという括りにすると躊躇するかたもいるでしょうね。カレーというマジックワードがつくといつもそうなります。安くて美味しくてお腹いっぱい、がカレーのいいところ。そういうイメージに固定されているのがカレーです。
でもね、これはその枠を超えた風味豊かな素晴らしいカニリゾットと言い換えることもできます。どうです、カレーじゃないんですよ。そう言われて印象は変わったかな?
ボクは、必ずまたいきたいよ。
前回の記事
https://blogs.yahoo.co.jp/hapii3/64934583.html
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.