画像: カレーですよ4317( 浅草 民藝伽哩うんすけ)民藝とカレー。

カレーですよ4317( 浅草 民藝伽哩うんすけ)民藝とカレー。

ちょっときになるお店がありました。
何だろう、民藝というキーワード。
カレーですよ。
何で見つけたんだったかなあ。
何かの検索だった気がします。Googleマップだったか何だったか。いつものようにカレー店を探していたのですが、スクリーンにきになる文字が。「民藝カレー」。え?民藝カレー。民藝カレーってなあに?民藝。民芸じゃなくて民藝。芸術じゃなくて藝術、みたいな感じ。気になったら行く、これが一番。
さて。
浅草、浅草寺裏手を少し入った千束のほど近くにお店はありました。大通りから1本入った場所で、ほっと落ち着きます。これは何か飲み屋参加小料理屋さん風だねえ。さてどんな感じかしら。
「民藝伽哩うんすけ」
店内、ぽつぽつと見所があって、雰囲気溢れるお店です。しっとりと落ち着いた雰囲気があって、和風でまとまっているけれど、そうじゃないところもあってなかなか居心地いい。
狭さも含めてきっと心地よさを作ってくれているんじゃないかな。
さて、カレーを頼みました。
「うんすけカレー」
です。
大変凝ったシックな器と盆に乗せて出してくれるこの嬉しさは格別ですね。
カレーは大きなニンジンが存在感を主張する牛すじ煮込みのカレー。カレーのメニューはこれ一本で、他に飲むお客さんに嬉しいおかずのセットなんかもあります。カレーは丁寧に作られたことが伝わる良いカレーライスなんだよ。ちょっと他と比較が難しい、なのに誰もが好きであろう味、香り。なにかとてもほっとしましたね。
ほら、このタイルみてください。カウンターのタイルなんですけど、綺麗だよねえ。こういう意匠があったり器の素敵なのが色々なところにあるので気が抜けません。
女性店主がにこやかに話しかけてくれました。
焼き物の名前を聞くと「小鹿田焼」とのこと。あ、これ、この模様、パターン、子供の頃実家にあったぞ。カップ&ソーサー。お客さんが来た時に出してたやつ。あれは小鹿田焼だったのかあ。
素朴で素敵なお皿や器が並んでいて、それの販売なんかもやってらっしゃるそう。それにイベントなんかも催してらっしゃるそうで、なにやら手ぬぐいのテーマの会とか日本酒の会とか楽しそう。参加してみたいものです。
「うんすけ」というのは注ぎ口のついた壺のことだそうです。あ、入口の看板がその形だったね。
ガサガサと質悪く、きつい空気の日常を抜け出して、ひとり深呼吸ができるなんていうのは贅沢だと思います。そういう空気がある良い場所だなあ、と嬉しく思いました。
また来よう、また来よう。
http://unsuke.tumblr.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は iizka3@gmail.com
(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.